豪雨で一部孤立状態が続く 66人が死亡、16人行方不明

ざっくり言うと

  • 九州の被災地では、降り続く雨の影響などにより一部で孤立状態が続いている
  • 10日は、8つの集落のおよそ150人のうち30人ほどが自衛隊などに救助された
  • FNNの調べでは、66人が死亡、1人が心肺停止、16人が行方不明となっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x