前回のU-20ワールドカップを経験しているFW斉藤光毅(横浜FC)らがU-19日本代表候補に選出された

写真拡大

 10日、日本サッカー協会はU-19日本代表候補合宿(7月11日〜15日、千葉県内)メンバーを発表した。

 今年初めての活動となるU-19日本代表は、10月14日からウズベキスタンで開催されるAFC U-19選手権ウズベキスタン2020に出場。同大会で上位4チームに入り、FIFA U-20ワールドカップインドネシア2021への出場権を獲得することが大きな目標だ。(U-20ワールドカップ開催国のインドネシアがAFC U-19選手権で4位以内に入った際は5位も出場権を獲得)。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、アジアの戦いへの準備は停滞。AFC U-19選手権までの期間もわずかしかない。その中で、影山雅永監督は「スピード感」を持ってチーム作りを進めていく考えだ。今回の合宿は、現時点での中心選手候補たちを招集。アジアの戦いへ向けて非常に大事な5日間となる。

 メンバーには19年のU-20ワールドカップに出場しているFW斉藤光毅(横浜FC)をはじめ、MF松岡大起とMF本田風智(ともに鳥栖)やMF柴田壮介(湘南)、FW染野唯月とMF荒木遼太郎(ともに鹿島)、MF鈴木唯人(清水)といったJ1クラブで出場機会を得ている選手たちや、昨年のAFC U-19選手権予選メンバーのMF武田英寿(浦和)やMF松本凪生(C大阪)、同じく昨年のU-17ワールドカップで活躍したDF半田陸(山形)やGK鈴木彩艶(浦和ユース)、MF田中聡(湘南U-18)らが名を連ねている。

 反町康治技術委員長は報道陣向けのオンラインブリーフィングで、新型コロナウイルス感染予防対策について「(到着時に)まずPCR検査を行います」とコメント。各選手・スタッフは陰性であることが確認された上で活動に加わることになる。合宿期間中は、日本サッカー協会の医学委員会が作成した「育成年代のトレーニングキャンプに当たってのガイドライン」に沿った形で予防対策が施される模様。安心・安全を確保した上でU-20ワールドカップ出場へ向けた準備を再開する。

【スタッフ】

団長

内山篤

▼監督

影山雅永

▼コーチ

冨樫剛一

▼GKコーチ

高桑大二朗

▼コンディショニングコーチ

中馬健太郎

【選手】

▼GK

山田大樹(鹿島)

鈴木彩艶(浦和ユース)

野澤大志ブランドン(FC東京)

▼DF

山崎大地(順天堂大)

田平起也(C大阪

西尾隆矢(C大阪)

三原秀真(愛媛)

加藤聖(長崎)

バングーナガンデ佳史扶(FC東京)

半田陸(山形)

畑大雅(湘南)

鈴木海音(磐田U-18)

佐古真礼(東京Vユース)

中野伸哉(鳥栖U-18)

▼MF

本田風智(鳥栖)

柴田壮介(湘南)

松岡大起(鳥栖)

小田裕太郎(神戸)

松本凪生(C大阪)

武田英寿(浦和)

鮎川峻(広島)

鈴木唯人(清水)

荒木遼太郎(鹿島)

成岡輝瑠(清水ユース)

田中聡(湘南U-18)

▼FW

大森真吾(順天堂大)

晴山岬(町田)

斉藤光毅(横浜FC)

染野唯月(鹿島)

唐山翔自(G大阪)

(取材・文 吉田太郎)