神奈川県警察学校第258期生・本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)は、誘拐された家出少女・亜未(上白石萌音)の行方を追い、横浜を根城とする誘拐組織のアジトに潜入することに成功した。そこには何人もの少女たちが監禁されていた。助け出そうとした本間と一ノ瀬だったが、格闘の達人で組織のボス・柴本(加藤雅也)に簡単に倒され、逆に監禁されてしまう。

急がないと海外に売り飛ばされてしまう

何とか逃げ出した二人は、警察学校の教官・片野坂譲(伊勢谷友介)と助教・及川蘭子(吉瀬美智子)、所轄の大黒署刑事・柳田晋平(原田泰造)らと監禁場所の廃ビルへ向かうが、少女らの姿はなく、使用済みの麻酔の注射器が残されていた。柳田は少女たちを海外へ売り飛ばす大がかりな人身売買が計画されていると確信する。

柴本は別の廃ビルに移した少女たちを海外に売り飛ばす最終準備に取りかかっているころだ。焦る本間と一ノ瀬は「行くしかない」「バレたら今度こそ、警察学校を退学だな」と覚悟を決め、フェイスガード付きヘルメットに防刃ベスト、警棒で武装してアジトに乗り込んだ。そこで待ち構えていた柴本に対し、2人は命がけで決戦を挑む。(よる10時放送)                 寒山