ロシア・シベリア地方のマツの木(2019年2月13日撮影)。(c)Yuri KADOBNOV / AFP

写真拡大

【AFP=時事】広大で寒冷なツンドラ(永久凍土)地帯で最もよく知られるロシアの広漠としたシベリア(Siberia)地方は現在、気候変動によって変容を遂げつつあり、気温の上昇、森林火災の増加、ガの幼虫の異常発生などに見舞われている。

 ロシア・ウラル(Urals)地方東部から太平洋まで数百万平方キロにわたって広がるシベリア地方は今年、異常気象によってとりわけ大きな打撃を受けている。科学者らによると、その原因は地球温暖化だ。

 5月には、地元メディアが野草の花が咲いている写真を掲載したが、通常は寒冷な地域に位置するシベリアでは、一年のこれほど早い時期に開花はめったに起きない。アイスクリームの売上高も30%上昇した。

 ロシア水文気象環境監視局(Rosgidromet)の主席気象学者、マリーナ・マカロワ(Marina Makarova)氏は、「シベリアのこの冬の気温は、130年間の観測史上で最も高かった」と指摘。「平均気温は、冬季の平均値を最大6度上回った」と述べている。

 気温の上昇は、野花の開花やアイスクリームの売り上げ増をもたらしただけではない。シベリア東部で降雨量が3分の1増加したことで、特にトゥルン(Tulun)周辺地域では洪水で壊滅的な被害が生じ、数千人が避難を余儀なくされた。

 さらにシベリアでは、気温上昇に伴い、この地方に生息するカイコガの一種の幼虫が急増している。針葉樹の葉を食べ尽くすこのガは通常、冬季には活動せず、春と夏、秋の間に採餌するが、現在はこの期間が長期化する傾向にある。

 ガの専門家のウラジーミル・ソルダトフ(Vladimir Soldatov)氏は、「長年経験した中で、これほど巨大で成長が速いガは見たことがない」と指摘し、森林に「悲惨な影響」をもたらすと警鐘を鳴らす。

 幼虫が食害を起こす森林の範囲はますます拡大しており、それだけの範囲の針葉樹の葉が食い尽くされ、森林火災が発生しやすくなる。

 ソルダトフ氏はAFPの取材に、このガが「通常の生息地よりも150キロ北方に移動しているが、それは地球温暖化のせいだ」と語った。

■1〜5月半ばに燃えた森林は480万ヘクタール

 シベリア北部で一年のうち、通常より早い時期に雪が解け始めると、乾燥した草木や土壌が地表に露出することで火災が拡大しやすくなる恐れがあると、環境団体グリーンピース・ロシア(Greenpeace Russia)の森林部門を統括するアレクセイ・ヤロシェンコ(Alexey Yaroshenko)氏は説明した。

 グリーンピースが6月に発表した報告書によると、シベリアでは1月から5月半ばまでに、110万ヘクタールの高緯度北方林を含む480万ヘクタールの森林が火災で壊滅的な被害を受けている。

 クラスノヤルスク(Krasnoyarsk)市森林局の森林監視研究所のビャチェスラフ・ハルク(Vyacheslav Kharuk)所長は、気候変動によって森林火災の発生件数は「10年間で倍増」したと指摘する。

 森林火災によって、極北地域の北方林が二酸化炭素(CO2)やメタン(CH4)を保持する容量は低減する恐れがあり、気候変動の一因となる温室効果ガスの排出量も増える。

 ハルク氏の研究所が実施した調査によると、2000〜2009年には火災で焼失する森林面積は年間平均約300万ヘクタールだったが、2010〜2019年には、この平均値が600万ヘクタールに倍増している。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
【解説】永久凍土の融解が原因、ロシア北極圏の燃料流出事故 開く「パンドラの箱」
北極地方の「ゾンビ火災」に警戒、異例の高温と乾燥続く
北極海氷の減少、致死性動物ウイルスを拡散か 研究