最近のクルマでも顔面スワップはできる

 クルマの顔ともいえる、ヘッドライトやグリル、パンパーなどを他車から流用するカスタマイズのことを、「顔面スワップ」という。

 ひと昔前に、日産の180SXにS13型シルビアの顔を移植した“シルエイティ”(その反対の“ワンビア”)などが流行ったが、いまのクルマでもやろうと思えばけっこうできる。

 例えば、日産のR35GT-Rのフェイスを、M35ステージアに移植したり、トヨタの86にBRZの顔、あるいはその反対とか、200系ハイエースの3型に4型のフェイスに移植するといったのもある。

 また、2019年にトヨタが、田原工場40周年記念に製作して話題となった、ランドクルーザー・プラド(3ドア)に、新型のレクサス「GX」の顔をフェイスリフトした一台も記憶に新しい(このクルマはパワートレインもレクサス「RC F」の5.0リッターV型8気エンジンとミッションを移植)。

センサー類がバンパーに埋め込まれているようなクルマは難しい

 可能性としては、兄弟車であるBMW Z4とトヨタのGRスープラのスワップというのもこれから出てくるかもしれない。

 ほかにも、現行の50プリウスに、レクサスのスピンドルグリルを流用するようなボディキットを発売していたメーカーもあるし、軽自動車でもメーカーの枠を超えて、スズキのワゴンR(MC22S)に、ダイハツ・ムーヴ(現行モデル)のフェイスを移植した例などもあった。

 モノコックボディのクルマの場合、バンパーやグリルなどは、ボディ剛性や乗員保護性能にほとんど影響はないので、灯火類の位置や配光、車体寸法などがクリアできれば、保安基準の範囲内で、いまのクルマでも顔面スワップ可能といえる。

 ただ、衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールのためのレーザーレーダーなどのセンサー類がバンパーに埋め込まれているようなクルマになると、それを流用するのは困難かもしれない。

 アイデアとセンス次第で、スポーティーカー、セダンだけでなく、ミニバン、SUV、軽自動車、さらには輸入車と国産車の顔面スワップなど、いろいろなカスタマイズが考えられるので、保安基準を守って、安全装備を活かしたうえで、個性的な顔面スワップを楽しんでみるのもいいかもしれない。