日本サッカー協会(JFA)は9日、日本女子代表(なでしこジャパン)のコーチに今泉守正氏(59)が就任すると発表した。同氏は2015年からアメリカ・フロリダ州立大の女子チームでアシスタントコーチを務めていた。

 八千代高、筑波大出身の今泉氏は1983年、船橋二和高の監督として指導者キャリアをスタート。88年から99年には八千代高の監督を務め、全国大会に導いた実績を持つ。2004年、JFAのS級コーチングライセンスを取得。U-20日本女子代表監督、日本女子代表コーチを担った後、ナショナルトレセンコーチ、JFAアカデミー女子統括ダイレクターなどを務めていた。

 またビーチサッカー日本代表のコーチには田畑輝樹氏(41)が就任。6月にはFP茂怜羅オズの監督兼選手就任が発表されていたが、兼任監督が認められない大会もあるため、その場合は田畑氏が監督として登録される。