名鉄不動産、NTT西日本、シャープ、長谷工コミュニティは7月9日、シャープのコミュニケーションロボット「ロボホン」をマンションの全住戸に標準装備し、家族の生活をサポートするコミュニケーションプラットフォームサービスを共同で開発したと発表した。

第1弾として、名古屋市緑区の新築分譲マンション「(仮称)MMプロジェクト 」の全192戸に導入する。

シャープのロボホン

同サービスでは、マンション管理会社・管理組合からのお知らせ、宅配ボックスへの荷物の受け取り通知などがあると、ロボホンが手を上げて知らせる。ロボホンに問いかけると、通知内容を話す。電気料金(概算)やマンション管理に関する簡単な質問などにも、ロボホンが回答する。

ロボホンとの対話により、エアコンや照明、テレビなどの家電製品、カーテンの開閉操作も可能になるほか、自宅にいる人の様子をロボホンのカメラで撮影し、その映像を外出先からスマートフォンで確認する機能も搭載している。

これらのサービスは、全住戸に標準装備する高速インターネット回線「フレッツ 光ネクスト」やIPoE対応Wi-Fi ルータ、ロボホン、スマートリモコン「eRemote5」を活用する。

コミュニケーションプラットフォームサービスのイメージ