新型コロナウイルスの新規の感染は、なお首都圏の4県だけで全国の7割という一極集中は変わっていない。豊島区の高野区長は池袋の全ホストにPCR検査を促して、クラスター発生の場合、区独自で休業要請をすると表明した。小池知事も協力金の全額補償など支援を約束した。埼玉県の大野知事は「感染対策が十分でない店は利用しないで」と呼びかけた。

飲食店クラスターより経路不明者を追え

日本感染症学会指導医の水野泰孝さんは、「100人超が6日間続いて、その前は60人台とか、増え方減り方が自然じゃないというか、検査の結果と市中での広がりとがわかりにくくなっている印象です。注意しないといけないのは、経路不明者です。これはしっかり追わないといけない」という。

司会の加藤浩次「数字がきちんと出されているんだろうか」

水野医師「数字を毎日気にしても仕方がないですが、市中で広がっていることをうまく表現する指標は必要です」