Android Policeは7月7日(米国時間)、「Google Duo on Android expands group calls to 32 participants」において、Android版Google Duoのグループ通話の最大人数が、これまでの12人から32人へと大幅に拡大されたことを伝えた。

Google Duo

新型コロナウィルスの影響によって、インターネットを利用したビデオ通話の需要が爆発的に増加している。Zoomは最も成功した例であり、その他の競合するサービスもZoomに追いつくために機能のアップデートを繰り返している。

Google DuoはGoogleが提供しているビデオ通話アプリ。他の例に漏れず、Google Duoも新型コロナウィルスの影響を受けてさまざまな機能を追加してきた。直近では、グループ宛に動画や音声メッセージ、写真、メモなどを送信する機能がサポートされたほか、通話やメッセージが行えないシチュエーションを考慮して、パーソナライズされたメモの作成ができるようになっている。

グループのビデオ通話の最大参加人数についても、当初8人だったものが12人に増え、今度は32人に増える。Google Chrome版のGoogle Duoでは6月の時点で最大参加人数が32人に拡大されていたので、それがAndroid版にも到来した形だ。

ビデオ通話の最大参加人数の拡大は、v92ないしv94のバージョンで有効になる。ただし、アップデートは順次適用されていくので、端末やユーザ-

によって使えるようになる時期はタイムラグがあるとのことだ。