FC東京の日本代表MF橋本拳人がロシアのFCロストフへ完全移籍、契約期間は4年間

写真拡大

ロシア・プレミアリーグのFCロストフは9日、FC東京の日本代表MF橋本拳人(26)を完全移籍で獲得することを発表した。

メディカルチェックを通過後、正式契約を結ぶという。契約期間は4年間とのこと。18日の浦和レッズ戦がFC東京での最後の活動となるという。

橋本は、FC東京の下部組織出身。U-15深川、U-18と昇格し、2012年にトップチームへと昇格した。

2013年8月から2014年までの1シーズン半はロアッソ熊本へレンタル移籍を経験。2015年に復帰すると徐々に出場機会を増やし、2019シーズンはJリーグのベストイレブンに選出されていた。

J1ではこれまで130試合に出場し14ゴール、J2では60試合に出場していた。

橋本はFC東京を通じて、移籍についてコメントしている。

「10歳でFC東京のサッカースクールに参加してから約17年間、僕の人生のほとんどを『FC東京の橋本拳人』として誇りをもって生きてきました。そして2018年から石川直宏さんの18番を背負わせてもらい、チームの象徴となる選手を目指していた中で、今回、子どもの時からの夢である海外移籍を決断することにしました」

「僕の海外挑戦という夢を後押ししてくれたクラブ、そしてサッカーを始めてから僕を指導してくださった指導者の方々に本当に感謝しております」

「プロに入ってから今までを振り返ると辛いこと、悔しかったことなど多くの困難がありましたがすべてを乗り越えられたのは、自分を支えてくれた家族、チームメイト、スタッフ、そしてファン・サポーターのみなさんの応援のおかげです」

「小平グランドや味スタでみなさんとお会いできないと思うと、とても寂しいですが、新天地でも自分らしくこれまで培った『FC東京魂』『青赤魂』をもって挑んでいきたいと思います!」

「僕の活躍が日本まで届くように頑張りますので、これからも気にしてもらえたら嬉しいです!」

「最後になりますが、FC東京に関わる全てのみなさま長い間本当にありがとうございました。FC東京の優勝を心から願っています」

なお、ロストフは橋本の獲得を紹介した際、誤ってブレーメンの日本代表FW大迫勇也の写真を使用している。