氷うどん(冷かけ・並300円、大410円) ※2020年7月7日(火)〜2020年8月31日(月)

写真拡大

讃岐うどん専門店の丸亀製麺では、猛暑が予想される今年の夏にぴったりな、丸亀製麺史上最も冷たい「氷うどん」を7月7日からテイクアウト限定で販売開始した。

【写真】すだちが乗った清涼感のある氷うどん(すだちおろし冷かけ)/丸亀製麺

だしの旨みが凝縮され、ひとくち口に含むと氷が口の中で溶け出し、だしの香りが口いっぱいに広がる「氷うどん」。

打ち立て・締めたての冷たいうどんは噛み応えが心地よく、噛む度に小麦の風味も味わえる。氷だしにねぎ、そして天かすを加えれば、よりみずみずしいシャキシャキとした食感や、サクサク食感を最後まで楽しめる。

氷うどんは全部で3品。氷うどん(冷かけ・並300円、大410円)、氷うどん(すだちおろし冷かけ・並450円、大560円)、氷うどん(ぶっかけ・並300円、大410円)。※販売状況によって、販売終了時期が店舗ごとに異なる場合があり。

蒸し暑いこの季節。テイクアウトならではのひんやり麺で、涼を感じてみてはいかがだろう。