不倫しがちな既婚男性の共通点3つ!独身時代から浮気性、あとは…

写真拡大

映画やドラマのテーマとしても取り上げられる機会が多い“不倫”。傍から見ている分にはドロ沼も面白いけれど、当事者になると、ただただつらいだけなのが、不倫の特徴かもしれません。

今回は、そんな恋愛をしないためにも知っておきたい「不倫する男性にありがちな共通点」を、一般の方にリサーチしました。近づいていい男性かどうか、見分ける目を養っておいて損はないですよ。

■社会的地位やお金がある


芸能人のスキャンダルの影響もあって、“不倫”という言葉をたびたび耳にする昨今。これだけ頻繁に聞いていると、“不倫って簡単にできるものなんだ”という感覚を持つ人もいるかも?

しかし、不倫の恋はそもそもハードルが高いもの。少なくとも金銭的な余裕がないと、長期的な不倫を続けるのは難しいようです。

「飲み会などで声をかけてくる既婚男性って、たいてい、ちょっとリッチな人ですね。役職がついてたり、営業成績がよかったり。家庭があって、不倫相手にもお金を使える程度に余裕があるんでしょうね。たまにお金がなくても誘いをかけてくる人もいるけど、そういう人は一夜限定って印象です」(28歳女性/接客業)

長く不倫関係を続ける人と、一夜不倫を持ちかけてくる人では、少し質が違いそう。社会的地位のある人やお金のある人に引っかかると、長期間、振り回される可能性が高そうなので、注意しましょう。

■自分の浮気が原因で別れた過去がある


浮気グセのある男性は、結婚したからと言ってその悪癖が治るわけではありません。独身時代にも自分の浮気で破局した男性は、だいたいそのままだと見て間違いないようです。

「友人が数ヶ月前から、不倫してるみたい。話を聞いたら、相手の男性は昔から浮気グセがあるらしく、過去にも浮気が原因で破局を繰り返していたとか。浮気や不倫をする男性って、もはや一種の病気だなと思いました」(27歳女性/歯科衛生士)

平気で浮気する男性は、基本的に結婚しても変わらないもの。1人の女性を愛し続けることのできないダメ男です。“この人、大丈夫か”と感じたら、過去の恋愛の話を振ってみるのもいいかもしれません。

■生活感を表に出さない


独身の男性に比べ、既婚男性からは“家族を背負っているオーラ(生活感)”みたいなものを感じられます。会社に水筒やお弁当を持参したり、柔軟剤のにおいがしたりするのは、まさに典型的な“既婚オーラ”。一方、不倫をする男性は、このオーラがない人が多いようです。

「同じ部署に不倫してる人がいますが、既婚者に見えません。奥さんや子どもがいそうな雰囲気が一切なくて、独身女性にも平気で近づきます。同性から見ても、怖い男だなって思います」(32歳男性/営業)

結婚指輪をしていないのはもちろん、家族の影すら見えない…。不倫を繰り返す男性の中には、独身女性にスッと近づくために生活感を消す努力をしている人もいるようです。指輪なし=独身ではないということを、肝に銘じましょう。

■不幸な恋は自分から遠ざける


不倫の恋に足を踏み入れて、幸せになれる人なんて、そうそういません。仮に相手の男性が家庭を捨てて自分の元へ来てくれたとしても、いつか自分も同じように略奪されるのかな…と不安な日々が続くかも。

身近に、不倫する人の特徴が当てはまる男性かいないか、しっかり見極めましょう。不幸な恋に近づかず、むしろ遠ざけられるように意識したいですね。