スロベニア中部セブニツァで、焼失前のメラニア・トランプ米大統領夫人の彫像(左、2019年7月5日撮影)と、焼け残った礎石として使われていた切り株(2020年7月7日撮影)。(c)Jure Makovec / AFP

写真拡大

【AFP=時事】スロベニア中部セブニツァ(Sevnica)近郊で5日、メラニア・トランプ(Melania Trump)米大統領夫人の木製の彫像が何者かによって火を付けられ、焼失した。

 メラニア夫人の故郷であるセブニツァ近郊の畑の中に設置されていた、世界初とされる同夫人の彫像は、「Maxi」の名で知られる現地の工芸家アレシュ・ジュペウツ(Ales Zupevc)氏が制作し、1年前にお披露目されていた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
メラニア夫人、故郷スロベニアの町に彫像 「かかし」と酷評も
トランプ夫人のヌード、NYポスト紙が2日連続で1面に掲載
【写真特集】メラニア・トランプ米大統領夫人