※写真はイメージです

写真拡大

―[インテリジェンス人生相談]―

 “外務省のラスプーチン”と呼ばれた諜報のプロ・佐藤優が、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

SNSを活用して発信力のある人間になりたい

★相談者★ 刃(ペンネーム) 大学生 男性 21歳

 バイト先の先輩から自己プロデュース力をつければ、どんなことがあっても生きていけると言われ、最近ツイッターやインスタを頻繁に更新していましたら、その先輩から「5万円でフォロワー数を増やすコンサルティングをしている人がいる」と勧誘されました。

 私にはそんな大金がないので、お断りしましたが、SNSでの発信力がある人はみなさん成功しているように見えます。しかし、佐藤優さんはSNSを活用していないように見えます。なぜ、佐藤優さんのように発信力のある方がSNSを活用しないのでしょうか? そして、SNSを活用しなくても発信力のある人間になるにはどうしたらいいでしょうか?

◆佐藤優の回答

 確かに私はSNSを一切使いません。それで、仕事にも生活にも支障がないので、使わないのです。一時期、LINE、フェイスブック、ツイッターに登録していましたが、あるとき、LINEのアカウントが乗っ取られ、私を騙ってコンビニで金券を購入するようにとの連絡が知人に送られたのをきっかけに、すべてのアカウントを消去しました。事情に詳しい人に調べさせたら、私を騙っていた人は、大阪府枚方市から発信していて、LINEだけでなくフェイスブックでも私になりすましていたようです。こういう嫌な経験があると、ツール自体を使いたくなくなります。

 大学で教えていると、専らPCを用いている学生とスマホしか持たない学生の間で、無視できない学力差があることを痛感します。スマホしか持たない学生はSNSで時間を浪費しています。社会に出ると、学生時代のように長時間、体系的に勉強する機会はなかなか得られません。SNSでのやりとりに時間のほとんどを持っていかれていると、将来、そのツケを自分で払わなくてはならなくなります。

 また、作家としての情報収集で、良質の情報をSNSから得ることはほとんどありません。もちろんトランプ大統領をはじめ重要な情報をSNSで発信している人もいますが、そういう情報は瞬時に新聞や通信社がキャリーするので、見逃す心配はありません。

 さらにSNSは構造的にデマゴギーの温床になりやすいと私は見ています。それは、SNSが大衆社会と相性がいいからです。大衆社会がもたらす「超デモクラシー」の危険について、スペインの哲学者オルテガ・イ・ガセットは、こう指摘しています。

=====

 今日私たちが立ち会っているのは、超デモクラシーの勝利という事態である。そこでは、大衆が法に対する情熱のないまま直接行動に訴え、物理的圧力をもって自分たちの望みや好みをごり押ししている。これらの新しい状況を、あたかも大衆が政治にうんざりして、専門家にその実践をまかせ切ってしまったのだと考えるのは間違いである。

(中略)大衆はつまるところ、政治家という少数者が、たとえ欠点や傷はあろうとも、自分たちよりいくぶんかは政治問題を理解していると考えていた。ところが、いまや大衆は、自分たちがカフェーで話題にしたことを他に押しつけ、それに法としての力を付与する権利があると信じているのだ。私には、多勢の者が直接支配するようになった今のような時代が、歴史の上で他にもあったとは思えない。(『大衆の反逆』73頁)
=====

 私もオルテガのこの見方に共感します。SNSを用いた衝動的な発信が集積されることによって、無責任な多数者による直接支配がインターネット空間では成立しやすいです。その結果、市民社会の基盤が崩れ、独裁の土壌ができることを私は恐れています。だからSNSでは一切発信しません。

★今週の教訓……SNSは独裁の土壌をつくりかねない

―[インテリジェンス人生相談]―

【佐藤優】
’60年生まれ。’85年に同志社大学大学院神学研究科を修了し、外務省入省。在英、在ロ大使館に勤務後、本省国際情報局分析第一課で主任分析官として活躍。’02年に背任容疑で逮捕。『国家の罠』『「ズルさ」のすすめ』『人生の極意』など著書多数