米国選抜と欧州選抜による男子ゴルフの対抗戦、ライダーカップのロゴ(2018年9月24日撮影)。(c)Lionel BONAVENTURE / AFP

写真拡大

【AFP=時事】米国選抜と欧州選抜による男子ゴルフの対抗戦、第43回ライダーカップ(The 43rd Ryder Cup)が、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)によって1年の延期になると、7日に米スポーツ専門チャンネルESPNが報じた。8日にも公式発表があるという。

 公に話すことが許されていない情報筋からの話としてESPNは、米ウィスコンシン州のホイッスリング・ストレイツGC(Whistling Straits Golf Course)で9月25日から27日にかけて行われるはずだった今年のライダーカップが、来年の同時期に延期になると伝えた。

 この情報筋は同メディアに「今年ライダーカップは行われない」と明かした。「ライダーカップは2021年に、(2年に1度開催される米国選抜と世界選抜による男子ゴルフの対抗戦)プレジデンツ・カップ(The Presidents Cup)は2022年に移る。その後は交互に行われる」

 全米プロゴルフ協会(PGA of America)と欧州男子ツアー(PGA European Tour)は、8日朝に公式発表を行うとみられる。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
マキロイ、ライダーカップの無観客開催に反対
メモリアルトーナメントは一転無観客開催へ、近隣で陽性者急増
再開後好調のデシャンボーがロケット・モーゲージ・クラシック優勝