どこへ行っても何をやってもまじめに取り組みますが、非正規だからなのか40代のおばさんだからなのか、粗末に扱われます(写真:Ushico/PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

はじめまして。大手電機メーカーで約20年、技術アシスタント、秘書、一般事務を経験ののち、合わないマーケティングの部署へ異動となり、結果、病気退職いたしました。

その後は妊活を頑張りましたが報われず、大手精密機器メーカーで契約社員となり営業事務、開発補助と出張までこなして死ぬほど頑張りましたが、プロジェクトが完了し、クレーム処理に回され、業務が変わりすぎて適応できず退職。公務へも短期契約で非常勤職員として雇われましたが放置プレーで正職員との打ち合わせが1つも行われず、やることがなくて苦痛を味わいました。

そんなことの繰り返しで、40代も後半となり、もう何をやったらいいかわかりません。どこへ行っても何をやってもまじめに取り組みますが、非正規だからなのかおばさんだからなのか粗末に扱われます。

こんなに頑張ってまじめにやっても給与は低く(これは仕方がないと認知済み)、でも使い捨ての道具みたいに扱うことはあまりに酷です。

お仕事が長続きせず、40代の高学歴でもないおばさんは掃除や介護をやるしかないのでしょうか。決してそこをバカにしているわけではありませんが、自宅で掃除や家族の軽めの介護もしているので外では違う働きをしたいのです。

専業主婦 40代主婦

相手が何を求めているのかを明確に理解する

ご自身の考える“まじめ”や仕事のあるべき論はさておき、相手が何を求めているのかを明確に理解したうえで行動する癖をつけてみるといいでしょう。


この連載の記事一覧はこちら

頂戴した相談を拝見するに、最初の会社は20年もいらっしゃったとのことで、決して「長続きしない」性格ではないはずです。加えて、その後も不本意な結果に終わったとはいえ、キチンと職を探し、職を得るところまではいっているわけですから、採用側からみた職業人としてのスペックや人間性に根本的な問題があるようにも思えません。

職を得ることには問題がなく、一方で仕事を続けることや周りとの関係に悩まれることが多い――。そのように考えますと、やはり一度職を得たのちに、ご自身が何を期待されているかを含めた、周りから見た付加価値のある仕事とは何かの把握や、周囲の雰囲気に溶け込む努力のようなものが若干欠けているのかもしれません。

「仕事はまじめに取り組む」と書かれていますが、おそらくそのとおりで、業務には非常にまじめに取り組んでいらっしゃるでしょうし、また責任感も強い方なのだと見受けられます。

一方で、考えていただきたいのは、「その努力の方向性ややり方は周囲が期待していることと合致しているか否か」です。

「まじめに仕事に取り組む」これは非常に大切ですし、少なくとも給料をもらっている以上、最低限まじめに取り組む必要性すらあります。

一方で、まじめに仕事をしている人が皆結果を出しているか、皆成功しているかというと、これはまた別の問題です。

会社や組織というものが、集団で何か共通の目的を成し遂げる目的を持って集まっている団体である以上、個々人の努力や仕事が評価されるためには、組織の中の自分という客観的な視点がどうしても必要です。

要は、ご自身が思うまじめさで結果を出していれば必ず評価されるわけではなく、そのまじめさや仕事の結果や方向性が、会社や組織から求められている方向性と合致している、ということがキチンと評価される前提となるということです。

ですから、40代主婦さんにも、一度ご自身は何を求められているのかを、「仕事」という面と「振る舞い」という両方の側面で考えていただきたいのです。

といいますのも、非常に優秀な方であると見受けられますので、せっかくの才能や努力が、その方向性がズレてしまっているがゆえに評価されないのであれば非常にもったいないと思うからです。

集団で働く以上は、そういった周りからの期待値や集団における価値観をキチンと理解したうえで、どこに自分自身の才能と努力を振り向けるかを冷静に判断し、集団における自分自身の立ち位置を確立していきたいものです。

自分自身の才能と置かれた環境が合致しているか

優秀だから、努力できるから成功できるわけではなく、そういった個々人のスキルや経験と、会社や組織における価値観や求められることが合致して初めて結果は生まれるものです。

つまり、結果を出すためには自分自身の才能と置かれた環境が合致するということが前提となる、ということです。

40代主婦さんのケースも同様で、成果につながらない、または周囲から受け入れられないと感じているのは、そういった周りから何を求められているのかをよく理解されないまま、ご自身の価値観に基づく努力を一心不乱にされているからなのかもしれません。

ご自身の思う正解と会社や組織の考える正解がズレていては評価されようがありません。したがって、問題はご自身の才能やましてや学歴やご年齢にあるのではなく、周囲との関係性の構築にあるのではないかと思うのです。

所属する組織からは何を求められているのか、その場に合う振る舞いは何か。そういった集団における価値観を理解することを通じて、周りとの人間関係の構築、さらには結果を出すために何をするべきかを見極め、ご自身の価値を集団の中で確立していってみてください。

40代主婦さんが、目指すべき努力なりの方向性をキチンと見極め、お持ちの経験と才能を十分に活かし、今後のキャリア発展に臨まれるであろうことを応援しております。