気象台などによると、岐阜県下呂市萩原町・中呂付近で飛騨川が氾濫したという。下呂市によると、午前7時現在で床上浸水が1件、床下浸水が14件発生しているほか、市内の馬瀬地区では土砂崩れで道路がふさがれ、400世帯あまりが孤立状態になっているという。市内の避難所には694世帯1581人が避難している。

・【映像】気象庁「他の市町村も特別警報の可能性」

 大雨特別警報が出た岐阜県では、下呂市と高山市の全域と郡上市、中津川市、美濃市の一部で大雨警戒レベル4の避難指示が出ている。(ANNニュース)