Googleは7月6日(米国時間)、「G Suite Updates Blog: Dark theme now available for Docs, Sheets, and Slides on Android」において、Android向けの「Google ドキュメント」「Google スプレッドシート」「Google スライド」においてダークテーマサポートを開始したと伝えた。ダークテーマに対応したGoogle ドキュメント、Google スプレッドシート、Google スライドは同日から順次配信が開始される予定。

ダークテーマを使用にあたって特に設定は不要。Androidでダークテーマを使用するように設定してあれば、その設定に応じてGoogle ドキュメント、Google スプレッドシート、Google スライドでもダークテーマが使われる。ダークテーマを使いたくない場合には設定を変更してライトテーマに切り替えることもできる。

ダークテーマに対応したAndroid向けのGoogle ドキュメント、Google スプレッドシート、Google スライド - 資料: Google

ダークテーマはスマートフォンやデスクトップ向けのオペレーティングシステムで採用が進んでいるカラーテーマ。黒を基調にしたカラーテーマで、バッテリーによる駆動時間を伸ばすことができるほか、暗いシーンでより快適に利用できると考えられている。オペレーティングシステムがダークテーマに設定されている場合に、それに応じてアプリケーション側もダークテーマを使用するといった動きが続いている。