TheWindowsClub Tech Newsは7月6日(米国時間)、「Mozilla Firefox 82 will say goodbye to insecure File Transfer Protocol (FTP)」において、Mozillaが2021年にリリースする「Firefox 82」からFTPサポートを削除すると伝えた。セキュリティ上の理由からこれ以上FTPのサポートを継続する意義は低いと考えられているという。

FTPサポートの削除へ向けた取り組みや理由として、取り上げられている主な内容は次のとおり。

2021年公開のFirefox 82においてFTPサポートを削除

FTPはファイル転送プロトコルとしては安全性が低い

FTPよりもHTTPSを使ったほうがよい

FTP関連コードの一部は非常に古く、安全ではなく、維持するのが難しい

過去にFTPと脆弱性の関連性が発見されたことがある

FTPの使用率が0.05%ときわめて低い

Firefox 77からFTPサポートを削除することが計画されていたが、新型コロナウイルスの影響で実施することはできなかった

Google ChromeはすでにFTPサポートを無効化している

FirefoxがFTPのサポートを削除したあとも、外部アプリケーションを使うことでFTPを使用することができる

長期的視点から見ると、拡張機能もFTPの使用を停止したほうがよい

FirefoxでFTPを使用している様子

今のところ、WebブラウザがFTPサポートを終了する流れを止める理由は見当たらない。この流れは今後も続き、Firefoxにおいてもほぼ計画通りにFTPサポートが廃止されるものと見られる。