豪雨で甚大な被害受けた熊本の老人ホーム 七夕の短冊につづられていた願い

ざっくり言うと

  • 熊本県を襲った豪雨により、老人ホーム「千寿園」は甚大な被害を受けた
  • 入居者が書いたとみられる七夕の短冊には、幸せを願う思いがつづられていた
  • だがその願いは届かず、14人の死亡が確認されるなど過酷な状況が続いている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x