米首都ワシントンで記者会見に臨むポンペオ米国務長官(2020年6月24日撮影)。(c)MANDEL NGAN / POOL / AFP

写真拡大

【AFP=時事】米国のマイク・ポンペオ(Mike Pompeo)国務長官は6日、中国政府がティックトック(TikTok)を含む中国製のソーシャルメディアアプリを使ってユーザーを監視しているとの疑惑をめぐり、米政府が使用を禁止することを「検討している」と明かした。

 インドはすでに、国家安全保障とプライバシーに関わる懸念から、広く人気を集めていたティックトックを禁止し、その他複数の国々も同様の対応を検討しているとされる。

 ポンペオ氏は6日、米FOXニュース(Fox News)の司会者ローラ・イングラハム(Laura Ingraham)氏から米国は「特にティックトック」といったアプリの遮断を検討すべきかと問われると、トランプ政権は「この件を非常に真剣に受け止めている」とし、「われわれは確かにそれを検討している」と話した。

 同氏によると、米国は「長期間」にわたり、インフラ上で中国製のテクノロジーが使われているという「問題」について取り組んでおり、「実際に進展している」という。

 さらに「人々の携帯電話に中国製アプリが入っていることについて、国が解決すると約束できる」と述べ、「大統領の前で話題にしたくないが、われわれが検討していることの一つだ」と話した。

 その一方で中国当局は「国家安全維持法」を適用して、香港でインターネットの検閲とユーザーデータへのアクセスをすべく、迅速な動きを見せている。だが米国のIT大手各社は、人権への懸念を理由に抵抗を示している。インターネットの検閲に関するプランは、6日に公表された116ページの政府文書に含まれており、他にも令状なしの捜査や、公安に関する捜査のための監視を認めるなど、警察の権限拡大も記されていた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
中国を激怒させるポンペオ米国務長官、コロナめぐり貫く強硬路線
トランプ氏集会を偽予約で妨害 Kポップファンの政治意識に注目
インド、TikTokなど59の中国アプリを禁止 安全保障上の懸念から