エル・ファニング主演の歴史ドラマ『The Great』、シーズン2へ更新!

写真拡大

ディズニー映画『マレフィセント』シリーズでオーロラ姫を演じたほか、『パーティで女の子に話しかけるには』『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』といった話題作に出演する人気女優のエル・ファニング。彼女が主演する米Huluの新作ドラマ『The Great(原題)』が、シーズン2へ更新されたことが分かった。米Varietyが報じている。

アカデミー賞10ノミネートを果たした『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞脚本賞候補になったトニー・マクナマラが企画・脚本・製作総指揮を担当する『The Great』は、巨大かつ強大なロシア帝国を築き上げると同時に、ロシア文化発展にも貢献した女帝エカチェリーナ2世を主人公とした歴史ドラマ。『女王陛下のお気に入り』と同じように、色鮮やかな美術や華やかな衣装に囲まれた中で、風刺と皮肉の効いた人間ドラマが描かれる。エルが若きエカチェリーナ2世を演じ、その夫である皇帝ピョートル3世に扮するのは『X-MEN』シリーズや『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『エジソンズ・ゲーム』でも活躍するニコラス・ホルト。エルは主演するだけでなく、製作総指揮も兼任する。

共演は、グウィリム・リー(『ボヘミアン・ラプソディ』)、ダグラス・ホッジ(『ジョーカー』)、フィービー・フォックス(『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』)、アダム・ゴドリー(『アンブレラ・アカデミー』)、チャリティー・ウェイクフィールド(『ウルフ・ホール』)、セバスチャン・デ・ソウザ(『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』)など。

本国アメリカで5月15日より配信され、その1ヵ月半後に更新が決まった本作。6月下旬に米Rolling Stone誌による「2020年ここまでで特に素晴らしいドラマ」の一本に選ばれるなど、評価は上々。現場も手ごたえを掴んでいるようで、配信開始前の時点でエルはシーズン2に向けた製作が進んでいると話していた。新シーズンも、シーズン1と同じ全10話になるという。

現時点で日本でのリリースは未定だが、エルにとって初のドラマシリーズ主演作ということもあり、早くお披露目されてほしいものだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:

『The Great』