ソニー銀行、ビザ・ワールドワイド・ジャパン、フィットビット・インクの3社は、Fitbitのリストバンド型活動量計やスマートウォッチで利用できるタッチ決済機能「Fitbit Pay」が国内で利用可能になり、7月7日からソニー銀行のVisaデビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET」が対応開始したことを発表しました。

Fitbit Payは、リストバンド型活動量計やスマートウォッチを端末にタッチするだけで決済が可能になる機能で、世界の42を超える国・地域、300以上の銀行・カード会社を通じて利用されています。

ソニー銀行の口座から引き落としができるVisaデビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET」をFitbit Payに登録することで利用が可能。ユーザーは手首にデバイスを装着する際、PINの入力を要求するようにFitbitデバイスのセットアップが必要になります。

Fitbit Payに対応するFitbitデバイスは、スマートウォッチ「Fitbit Versa」「Fitbit Versa 2」「Fitbit Ionic」、リストバンド型活動量計「Fitbit Charge 3」「Fitbit Charge 4」の5製品。Visaのタッチ決済加盟店で利用できます。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』