(c)SUENAGAグループ

写真拡大

 乃⽊坂46の4期生、掛橋沙耶⾹が初めてテレビCMに出演する。

 掛橋が出演するのは、岡⼭県・⾹川県内で10日より放映される、物流事業などを展開するSUENAGAグループのCM。掛橋は岡山県出身の19歳。新しい乃⽊坂46をつくっていく4期生である掛橋と、“ジブンに挑戦する⼈”というCMコンセプトが重なっての起用とのことだ。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 CMでの掛橋は、グローブをかまえた真剣な眼差しが印象的。清楚なイメージとは打って変わり、クールなスポーツウェアを⾝にまとい、次々と鋭いパンチを繰り出している。ストイックにサンドバッグを打つ姿や、挑戦的な眼差しでカメラに向かって拳を突き出すシーンなど、乃木坂46のステージでは見られないクールでストイック、ワイルドでアグレッシブなボクシング姿は必見だ。

 CM撮影にあたり、掛橋はボクシングに初挑戦。CMの⾒所について掛橋は、「やっぱりボクシングなんですけど、“ジブンに挑戦する⼈”というテーマだったり、今までとは全然違う⼀⾯を⾒せられるようにかっこよくパンチしました」と話している。

 普段は全くスポーツしないという掛橋。CM撮影の苦労した点は、「体⼒が無さすぎるのでパンチするとき⼿が痛いなと思ったりしました」と振り返った。また、空手の経験はあることから「リーチを長くするために半⾝になったりとか、そういうところは活かせました」と、勘の良さをのぞかせた。

 今後挑戦したいことについて、「ドラマに出させていただいたときにすごく楽しくて、あれからドラマを観ることにすごくはまっているので(ドラマに)出てみたいな」という掛橋。これからも新しい一面を見せてくれそうだ。