「たけしのニッポンのミカタ!」がこの日からリニューアル。以前はあるテーマをもとにし、VTRを交えながら、ビートたけしと国分太一が、ゲストとトークする感じだったが、今回からゲストがいなくなり、たけしと太一だけで進行するなんともさびしい番組になった。

今回のテーマは「何故潰れない? 激安店の秘密に迫る」。視聴者から送られてきた疑問に答えるかたちで、「ありえないくらいたくさんメニューがある店」や「メニューが1つしかない店」「週に1度しか開かない店」などを取材し、その謎に迫るものだったが......。

たとえば、埼玉県鶴ヶ島市にある「居酒屋すぅちゃん」。そのメニューは多過ぎて何種類あるのか店主もわからないとか。番組スタッフが1つ1つ数えたところ、なんと5023種類もあった。ボリュームいっぱいのデカ盛りも多く、店主によれば、近くに大学が多く、運動部の子たちにお腹いっぱい食べて欲しいからとのこと。

番組ADが取材に出掛け、店主に密着。たけしと太一はそのやりとりのVTRを見て感想を言う、実にお気楽なお仕事。正直言って、たけしも太一も居なくていいんじゃないの、という感じさえする。

しかも、この企画自体、夕方のニュース番組などでよく見るようなもので、なんら新鮮味もない。唯一、新しいといえば、リモートを使って中継を結び、店主と会話が出来ること。カメラもリポーターもいらないリモートは安上りなので、これから増えそうな予感?
(放送2020年7月3日22時〜)

(白蘭)