『SUITS/スーツ』あのキャラが戻ってきた!2020年上半期ランキング

写真拡大

今年1月以降に配信された海外ドラマを対象とした、2020年上半期ランキングが発表された。新作を中心に人気キャストが出演する作品が上位を占めている。トップ10は以下の通り。

1.『SUITS:ジェシカ・ピアソン』(2月1日より配信開始)
2.『ディスカバリー・オブ・ウィッチズ 〜第1章 魔女の目覚め〜』(4月1日より配信開始)
3.『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』シーズン1(4月28日より配信開始)
4.『8デイズ』シーズン1(2月14日より配信開始)
5.『スキャンダラスな彼女たち 〜嘘と秘密とセレブリティ〜』シーズン1(1月10日より配信開始)
6.『Lの世界』シーズン1(2月1日より配信開始)
7.『アルテム 〜型破りな心理学者〜』(3月25日より配信開始)
8.『ナイトシフト 真夜中の救命医』シーズン4(2月1日より配信開始)
9.『Lの世界』シーズン2(2月1日より配信開始)
10.『ビッグバン・セオリー』シーズン10(5月1日より配信開始)

1位は、2月より配信された『SUITS/スーツ』のスピンオフ、『SUITS:ジェシカ・ピアソン』。タイトルの通り、ハーヴィーの元上司であるジェシカを主人公とした新シリーズだ。オリジナルのクリエイターが関わり、ジーナ・トーレスがジェシカ役で続投している。


その2ヵ月後に配信スタートとなったにもかかわらず次点につけたのは、『グッド・ワイフ』『ダウントン・アビー』で知られる英国俳優マシュー・グード主演の『ディスカバリー・オブ・ウィッチズ 〜第1章 魔女の目覚め〜』。原作は世界35ヵ国で出版された小説で、魔女の血を引く歴史学者と天才ヴァンパイアの種族を超えた禁断の愛を描くファンタジーラブロマンスだ。


そして3位につけたのは、『ブラックリスト』のトム・キーン役でおなじみのライアン・エッゴールドが主演する医療ドラマ『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』シーズン1。ニューヨークにある全米最古の公立病院を舞台に、ある回顧録に基づいた大胆な病院改革を描く。


4位以下にも、サバイバル・アクション(『8デイズ』)やサスペンス(『アルテム 〜型破りな心理学者〜』)、エロティック(『Lの世界』)、コメディ(『ビッグバン・セオリー』)など様々なジャンルの作品がランクインしている。(海外ドラマNAVI)

Photo:

『SUITS:ジェシカ・ピアソン』
© 2018 Universal Cable Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.