ザクザク食感のシュークリーム生地でカスタードクリームを包んだクロッカンシューの専門店「クロッカンシューザクザク」から、2020年7月1日(水)からの期間限定で抹茶を使った新フレーバー 「ザクザクシュー 抹茶」「ザクザクソフト 抹茶ディップ」が登場しています。東京都青梅市の杉田園で生産された「東京抹茶」を使ったザクザクシューがどのような味になっているのか、実際に食べて確かめてみました。

東京産の抹茶を使った新フレーバー 「ザクザクシュー 抹茶」&「ザクザクソフト 抹茶ディップ」 | クロッカンシュー ザクザク [CROQUANTCHOU ZAKUZAKU]

https://zakuzaku.co.jp/news/1010/



クロッカンシューザクザクの店舗に到着。



店頭には抹茶を使った新フレーバーをアピールするパネルがありました。早速「ザクザクシュー 抹茶」(税込290円)と「ザクザクソフト 抹茶ディップ」(税込550円)を注文します。



「ザクザクソフト 抹茶ディップ」は抹茶を使用したホワイトチョコソースにソフトクリームをディップすることで、上半分が鮮やかな薄緑色になっています。ソフトクリームに刺さっているのはプラスチック製のスプーンです。



表面の抹茶ホワイトチョコソースコーティングの上から、粗めに砕かれたクロッカン生地とアーモンドクランチ、抹茶パウダーがトッピングされています。



思い切って頂点から食べてみると、表面の抹茶ホワイトチョコソースがアイスクリームに冷やされて固まり、少しパリッとした食感と共に抹茶の風味が口の中に広がります。トッピングされたシュー生地やアーモンドクランチはザクザク食感と香ばしい味わいを生み出しており、濃厚なミルク感が楽しめるソフトクリームと相性バツグンです。



「ザクザクシュー 抹茶」はテイクアウトが可能ですが、要冷蔵のため購入後はすぐに持ち帰って冷蔵庫で冷やす必要があります。



シュー生地の表面には、抹茶入りのホワイトチョコソースがトッピングされています。



iPhone 11と大きさを比較するとこんな感じ。



シュー生地の内部には、旨み成分の多い抹茶パウダーと北海道産ミルクを使用したカスタードクリームをミックスした「抹茶カスタード」がぎっしり詰まっていました。薄緑の色合いが、見た目にも鮮やかです。



食べてみるとザクザクしたシュー生地の食感に加え、フワッとした抹茶カスタードの絶妙な口当たりも一口で楽しめます。抹茶カスタードはまろやかな甘みがあるだけでなく、抹茶の風味や香りもハッキリと感じられ、抹茶好きにはたまらない仕上がりとなっていました。



「ザクザクシュー 抹茶」「ザクザクソフト 抹茶ディップ」の販売店舗はクロッカンシュー ザクザク原宿店・ルクア大阪店・天神地下街店の3店舗で、天神地下街店のみ2020年7月下旬から販売開始予定となっています。