アクセンチュアと会津大学は7月6日、共同研究を実施し、スマートシティのデジタル基盤である都市OSを活用する際の、標準のアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)一覧を公開するWebサイトを構築すると発表した。

また、都市OSと標準APIの利活用について、行政システムにおけるAI(人工知能)の活用や市民の行動変容を促すコミュニケーションのあり方などの研究を進め、会津若松市をモデルケースとしたスマートシティの推進環境を発信し、内閣府が示すスマートシティリファレンスアーキテクチャに沿ったAPI参照サイトの構築は、国内初の取り組みだという。

スマートシティリファレンスアーキテクチャで定義すべき事項

標準APIの参照サイトには、全国の自治体や民間企業、まちづくりに関わる関係者がスマートシティに取り組む際に活用できるアプリやデータを連携するためのコード(API)がリストとして公開されている。

各地域で標準APIの採用が進むことで都市OSの相互接続を可能とし、地域間あるいは分野間のデータ連携がスムーズになり、スマートシティの推進に貢献することが期待できるという。同サイトは会津大学のアドバイスのもと、アクセンチュアが会津大学先端ICTラボ(LICTiA)のクラウドに構築し、機能更新、拡張が可能な環境を整える。