仏パリで行われた19-20NBAのミルウォーキー・バックス対シャーロット・ホーネッツ戦で、フリースローに臨むミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンポ(2020年1月24日撮影)。(c)FRANCK FIFE/ AFP

写真拡大

【AFP=時事】米プロバスケットボール(NBA)で今季全体1位の成績を残しているミルウォーキー・バックス(Milwaukee Bucks)について、米スポーツ専門チャンネルESPNは5日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査後に練習施設を閉鎖したと報じた。

 ESPNによれば、バックスは3日に行った検査の結果が戻ってきたことを受け、施設を閉鎖したというが、実際に陽性反応が出たのかや、人数は明らかになっていない。チームは9日に再開後のシーズンの舞台であるフロリダに出発するが、それまで選手に練習再開は許可しないと報じられている。

 バックスは新型コロナウイルスの感染拡大によって3月11日にシーズンが中断するまで、リーグ最高の53勝12敗を記録しており、再開後は1971年以来となるファイナル制覇を狙う。

 NBAはフロリダ州オーランド(Orlando)にあるディズニー・ワールド(Disney World)の隔離された環境において、今月30日からの再開を予定している。まずは22チームが、8月17日から始まるプレーオフの16枠を懸けて争う。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
NBA、選手25人とスタッフ10人が新型コロナ陽性
ネッツのチャンドラーも再開後のNBA不参加、健康面を懸念
故コービー氏、ビデオゲーム「NBA 2K21」の表紙に