米テキサス州ヒューストンで、目を閉じて同僚の肩にもたれて休む医療従事者(右、2020年7月2日撮影)。(c)Mark Felix / AFP

写真拡大

【AFP=時事】米国でコロナウイルス危機が深刻化する中、同国の流行の中心地となっているテキサス州の当局は5日、感染者数の急増によって病院の対応能力が限界に近づきつつあり、医療制度が崩壊する恐れがあると警鐘を鳴らした。

 全米で280万人の感染が確認され、うち13万人近くが死亡する中、米国は新型ウイルスがもたらした壊滅的な被害への対応に苦慮する一方、多くの州で移動・行動制限の緩和後に感染者が増加している。

 テキサス州の一部では病床が満床に達しており、自宅待機命令の再導入を求める声が高まっている。

 ヒューストン(Houston)を含むハリス(Harris)郡のリーナ・イダルゴ(Lina Hidalgo)判事は米ABCテレビに対し、「ここハリス郡やヒューストン、その他33都市の病院は、対応能力が限界に近づきつつある。使用可能な病床はふさがっている」と語った。

 さらに、「レストランは今も開いている。屋内イベントは規模にかかわらず開催できる」「今われわれに必要なのは、有効な手を打つことだ。それは自宅待機命令だ」と訴えた。

 テキサス州オースティン(Austin)のスティーブ・アドラー(Steve Adler)市長も、新型ウイルスの感染が急拡大しているため、医療制度が崩壊する恐れがあるとの懸念を示した。

 アドラー氏は米CNNに対し、「この道筋を変えなければ、わが市の病院は2週間以内に対応能力の限界を超える。集中治療室(ICU)も10日以内に同じようになる恐れがある」と述べた。

 アリゾナ州フェニックス(Phoenix)のケイト・ガイエゴ(Kate Gallego)市長は、「(経済活動の)再開が早すぎた」と述べ、新たな自宅待機命令を出すべきだと訴えた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
米テキサス州、マスク着用義務付ける知事令 新規感染が過去最多
米南部州の市長ら、トランプ氏のウイルス楽観論に反発
コロナ拡大どこ吹く風? トランプ氏、憧れのラシュモア山で花火鑑賞へ