千葉県・佐倉市は7月6日、東電タウンプランニングと「洪水・浸水対策支援サービスの実証試験に関する協定」を3月17日付で締結し、7月6日より実証試験を開始したことを発表した。

電柱を活用した水害対策サービスの実証試験

2019年10月25日の大雨により市内各所で洪水や浸水被害が発生し、道路網も寸断されたため、被害状況の把握が困難な状況となったという、そこで、実証試験により、冠水データの収集とそれを基にした情報配信による防災対策の有効性を検証することとしたという。

この実証試験では、小型で軽量な浸水センサを観測面に設置し、電柱上に設置したRFルーターを介してクラウド上でセンサ情報を一元集約する。集約された浸水情報はリアルタイムで把握できるということだ。

今後、浸水センサで感知した道路冠水を、自動的に現地のLED表示板で通行車両に注意喚起する実証試験も行う予定だとしている。

設置状況(観測面の浸水センサ)

設置状況(電柱上のRFルーター)