サンドウィッチマンのドッキリが“可愛すぎる”とネットで話題に「誰も不幸じゃない…」『ロンドンハーツ』

写真拡大

サンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)が、7月5日に放送された『ロンドンハーツ』スペシャル(テレビ朝日系、レギュラー放送は毎週火曜23:15〜)に出演。彼らの仲の良さが露わになるドッキリが行われた。

結成20年を超えても仲良しコンビとして知られる2人。しかし、富澤にはある不満があるという。「(マンネリしているため)もう一度ドキドキしあえる関係になりたい」と吐露。何度も変装して、すぐ近くに潜入する企画「振り返ればトミがいる」を決行し、コンビ間に刺激を与えることになった。

まず一発目は、打ち合わせ場所に富澤が来ないという設定。じつは富澤は伊達より早くスタンバイしており、彼の真後ろに顔だけ出した状態で壁と同化していた。スタッフと打ち合わせを始めるも、まったく気づかない伊達。そこで、自身の存在を明らかにするため、スタッフの質問に富澤が回答した。自分の後ろに人がいると思っていなかった伊達は、突然の声に驚くも、壁と一体となった彼を見て「何してんのお前?」と大笑い。富澤が「ドキドキしてほしかった」と理由を述べると、またも大笑いした。

ほかにも、机と同化したり、スーパーで販売している白菜に扮したりと伊達を驚かせる富澤。そんなロケの帰り道、車中で感想を話していると、突然窓の外に選挙カーが並走し始めた。看板に掲示されていたのは、リーゼントでバットを持った富澤の高校時代の卒業写真。

伊達は、一瞬状況をつかめなかったものの「……え!?」と驚き。ウグイス嬢も使った用意周到さに「何してんのこれ? 大がかりすぎるわ!」とツッコミを入れた。その後、トイレ休憩へ。伊達が安心している背後から、卒業アルバムとまったく一緒の恰好をした富澤が登場。これにも伊達は大笑いした。

後日、同企画のオープニングVTRを撮影するため、富澤のみロケ車で移動することに。車中でコメント撮りをしていると、今度は伊達の高校時代の卒業写真が貼られた選挙カーが横に。富澤は「ウソでしょ!?」と驚愕。伊達は選挙カーに乗っており「“1回俺にもやらせてくれ”と、スタッフに無理やりお願いしました」とマイクで明かしていた。

お互いダマされながらも、嬉しくてたまらなさそうな2人に対して、インターネット上では「誰も不幸じゃないドッキリで見てて楽しいわ」「サンドさんの仲良し感 最&高」「仲良しドッキリが可愛すぎて癒された」といった声があった。