オリックスは5日の西武戦に勝利し今季初の連勝とカード勝ち越しを決めた【写真:荒川祐史】

写真拡大

先発の山本は7回2失点(自責1)の力投も「球数だけで言えば、もう1イニングは行けたと思う」

 オリックスは5日、敵地メットライフドームでの西武戦に8-5で勝ち、今季初の連勝とカード勝ち越しを飾った。先発の山本由伸投手が7回を4安打2失点(自責点1)にまとめ、無傷の2勝目。打線も効果的に加点して快勝で終えるはずだったが、終盤にリリーフ陣がきっちりと締められず、後味の悪さも残った。

 大量6点リードで迎えた9回。今季6試合目の登板となった海田智行投手が、先頭から長短3連打を浴びて1点を失い、なおも無死二、三塁でクリーンアップを迎えた。オリックスベンチはたまらず比嘉幹貴投手をマウンドへ。1死は奪ったものの、4番・山川穂高内野手にタイムリーを許し、慌てて3連投となる守護神のブランドン・ディクソン投手を投入する展開に。最後は遊ゴロ併殺打に仕留めて事なきを得たが、よもやの継投を余儀なくされた。

「心配なのは、中継ぎの登板過多。早い段階で、第1次の疲れが来てもおかしくない状況かもしれませんね」

ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、2018年までヤクルトで2年間、バッテリコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は懸念点を挙げる。

吉田正、ジョーンズ、T-岡田らの打線に「主軸どころがバットを振れてきたように見える」

 パ・リーグは5日時点で全チームが15試合を消化。ブルペン陣を見てみると、すでに比嘉と山田修義投手が8試合に登板し、ディクソンと澤田圭佑投手は7試合を重ねている。今季は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が3か月遅れ、試合数が120試合に減ったものの、6連戦が続く過密日程に。開幕前から投手陣の充実をシーズンのポイントに挙げていた野口氏は「中継ぎには絶対に負担がかかってくる。本来なら中継ぎもローテーション制にしたいくらいだと思います」と推し量る。

 救援陣を休ませるという点では、先発の奮闘も欠かせない。この日の山本は、降板した7回終了時点では101球だった。6回に3死球を与えて一時乱す場面もあったが、野口氏は「球数だけで言えば、もう1イニングは行けたと思う」とみる。ただ、6回途中5失点を喫した前回6月28日のロッテ戦から修正し、山賊打線を抑えたこの日の投球には「しっかりとまとめてくるのはさすがの一言につきます」とうなずいた。

 一方の打線は、3番の吉田正尚外野手の復調をはじめ「主軸どころがバットを振れてきたように思える」と野口氏。4番のアダム・ジョーンズ外野手はいまだ2本塁打ながら、この日は猛打賞の内容で、「右へ左へと打ってくれているんだから十分。パワー的には十二分だし、放っておけば、そのうちロング(長打)は出てくるでしょう」と見通した。ロッテに屈辱の「6タテ」を食らいながら、続く西武には3勝2敗1分けで初めてカードを勝ち越し。まだ最下位ながら攻撃には明るい材料が揃ってきただけに、ブルペンを酷使せずに投打のバランスを整えていきたい。(Full-Count編集部)