芸能人はもちろん、私たちの身近でも少なくない不倫の話。まさかあの人が?という不倫の話もよく聞きますよね。そこで今回はみんなの気になる不倫事情について調査。株式会社カケコムが不倫経験者100人に行なったアンケートをもとに、「不倫期間」と「破局の原因」、そして「不倫のリスク」について検証してみました。

不倫期間は平均1年前後。3年以上はたったの1割

まずは不倫経験者にどれくらいの期間不倫をしていたかを尋ねてみると、「1年〜3年」が最も多くて24%、次いで「3か月〜半年」「半年〜1年」がそれぞれ23%という結果に。つまり、平均すると1年前後で終わっている人が多いことがわかります。また不倫期間が「3年以上」と答えた人は13%と少なく、不倫関係を長期間継続させている人は意外と少ないことがわかりました。

不倫カップルが付き合う期間は一年前後が最も多い。

約3割が「周囲にばれそうになった(ばれた)」で関係終了

では不倫関係はどのようにして終わらせているのでしょう。最も多かったのは、「周囲にバレそうになった(バレた)」で27%。次いで「気持ちが冷めた」「自然消滅した」と続きました。

「周りにばれそうになった(ばれた)」は、配偶者にだけでなく、知人や職場でばれたというパターンも少なくない。

ではそれぞれの体験談を見てみましょう。

■不倫相手との関係はどのようにして終わりましたか?

1位 周りにばれそうになった(ばれた)  27%

・会社の後輩と関係を持っていました。結論としては、探偵を雇われて証拠を突きつけられて、慰謝料請求が彼女に行き、関係を終わらせる条件で慰謝料破棄となりました。(40代男性/不倫期間:3年以上)

・ダブル不倫でしたが相手の旦那に関係がバレてしまったことで血みどろの争いになり、結局、疲れてしまい終了しました。(40代男性/不倫期間:3年以上)

・友人に目撃され噂が広まったため、関係を終わらせました。別れたくないと何度も連絡がきたが、これ以上関わるのは危険だと感じ、自分から身を引きました。(20代女性/不倫期間:1〜3年)

不倫期間が長ければ長くなるほど、やはり周りに不倫関係がばれやすい。

2位 気持ちが冷めた  20%

・最初だけ盛り上がりましたが、徐々にマンネリ化しました。密会の日程調整やアリバイ作り、嫁には内緒で取得した有給休暇の乱用など、面倒なことや手間なことが多く、会う楽しさより、会う段取りに疲れて終わりました。(30代男性/不倫期間:3か月〜半年)

こうしてみると、家庭と両立しなければならない不倫は、日程の調整やアリバイ作りの労力、家族への罪悪感から疲れやストレスがたまりやすく、気持ちが冷めやすいことがわかります。

3位 自然消滅した  16%

・同じ部署の先輩と飲みに行ってその流れで一夜を一緒にして体の関係が続きましたが、海外転勤の際に関係が終わりました。(30代男性/不倫期間:3か月〜半年)

4位 不倫相手とは別に本命ができた  10%

・私が既婚者、相手が独身であり、相手が結婚したタイミングで終わりました。(30代男性/不倫期間:3か月〜半年)

5位 不倫相手に(が)本気になる前にやめた  6%

・当時私は独身で、相手の女性が既婚で不倫となっていました。終わり方は向こうから別れを告げられました。これ以上逢ってると忘れられなくなるから、今のうちに別れましょう的な感じの事をメールで伝えられました。こちらから電話をしても一度も出てもらえず。メールを何通か送ったら一度だけ返事をもらえました。ただその文面は「今までありがとう」の一文だけで、それで終了。それを最後にこちらからも連絡をやめ、彼女とはそれっきりです。(40代男性/不倫期間:3か月〜半年)

6位 不倫相手に騙されていた  4%

・向こうの奥さんの妊娠が発覚して終わった。未婚と言っていたが既婚だったので、一瞬で連絡を取らなくなった。(30代女性/不倫期間:1か月未満)

・若い頃飲み会で知り合った男性。奥様とは別居中で離婚間近ということで付き合い始めたが、奥様は妊娠中で別居なんかしていなかった。(40代女性/不倫期間:1か月未満)

6位 配偶者との間に子どもができた 4%

・私が主人の子供を妊娠したので終わりにした。ずっと続けるつもりはお互いなかったのでスムーズに終わりました。(40代女性/不倫期間:半年〜1年)

不倫はいつか別れる前提の関係性である場合がほとんど。そのためどちらかが本気になる前に関係を清算するという人も多いようです。「子どもができる」などどちらかの環境が大きく変わることも不倫を辞めるきっかけになりそうです。

「慰謝料」「仕事への影響」など不倫リスクは大きい

不倫といえばバレていないと思っているのは本人達だけってこと、多いですよね?意外と周りは勘づいているものです。では実際どんなトラブルが多いのでしょう。

■不倫によるトラブル(慰謝料編)
・内容証明郵便で不倫相手に慰謝料請求がありましたが、不倫相手と別れる条件で破棄して貰いました。(40代男性/不倫期間:3年以上)

・相手側の奥さんが探偵をつけ、自分が勤めていた会社に連絡があり、会社を退職しました。その後、内容証明が送られてきて、慰謝料を払うことで、問題を終わらせました。(30代女性/不倫期間:半年〜1年)

・不倫がバレて裁判になりそうになりこちらとしても、それだけは避けたかったので彼女の旦那さんに慰謝料を払って彼女との不倫が終りを迎えました。(40代男性/不倫期間:3か月〜半年)

ちなみに不倫の慰謝料の金額は状況によりかなり前後するようですが、一般的に相手夫婦が離婚をしない場合は、慰謝料50〜100万円程度、相手夫婦が離婚する場合は、慰謝料200万円程度のようです。

■不倫によるトラブル(仕事編)
・修羅場ではないですが、相手の奥さんも同じ職場だったので、奥さんに無視されていました。(30代女性/不倫期間:1〜3年)

・同じ職場同士での不倫、しかも奥さんも同じ職場だったので奥さんに不倫がばれるとともに会社を辞めることを請求されたので、仕方なく退職することにしました。(30代女性/不倫期間:1〜3年)

みんなの体験談を見てみると、やはり「慰謝料」と「仕事への影響」が大きなリスクであることが判明。ほんの一時の出来事が、一生に関わる大問題になることもあるようです。不倫は予想以上に大きなリスクが付きまとうようですね。

※出典:株式会社カケコム