Net Applicationsから2020年6月のモバイルブラウザのシェアが発表された。2020年6月はGoogle ChromeとSamsung Browserがシェアを減らし、SafariとFirefoxがシェアを増やした。Chromeの減少とSafariの増加はAndroidの減少とiOSの増加という2020年6月の動向と一致している。

注目されるのはFirefoxの増加だ。Firefoxはこの2年間、0.5%強のシェアを細かく上下する傾向を続けてきた。しかし、2020年6月はこれまでの3倍以上のシェアへと一気に増加している。来月以降、Firefoxのシェアがどのように推移していくのかが注目される。

2020年6月モバイルブラウザシェア/円グラフ - Net Application

2020年6月モバイルブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications