ドラマ「きらびやかな私の人生」暴力シーン&歪曲した表現に非難殺到…制作陣が謝罪“ミスが繰り返されないよう注意を払う”

写真拡大

ドラマ「きらびやかな私の人生」側が、医療スタッフの歪曲した描写や、暴力シーンを放送したことについて謝罪した。

MBC連続ドラマ「きらびやかな私の人生」の制作陣は7月4日、公式ホームページに看護師に対する誤った描写と暴力を振るった場面について、謝罪文を掲載した。

制作陣は「劇中で看護師のパク・ヒョンヒの誤った描写、暴力シーンのために不快感を感じた看護師の皆さんと、視聴者に謝罪を申し上げると謝罪の意を伝えた。

続いて「劇中、看護師として登場するパク・ヒョンヒは、実際の韓国国内の病院では許可されないネイルの装飾や靴を着用し、個人の目的のため、特定の患者に利便性を提供しようとするなど、事実と異なる表現で看護師の方々に不快感を与えた」と認めた。また「財閥のパワハラを強調する過程で医療スタッフへの暴力シーンが放送された。制作陣は看護師の皆さんと、視聴者が感じた不快感や指摘を謙虚に受け入れて、ドラマのホームページ内の人物紹介のフレーズを修正し、関連の映像は削除した」と伝えた。

それと共に制作陣は「今後このようなミスが繰り返されないよう、ドラマ制作に一層注意を払う」とつけ加えた。

これに先立って2日に韓国で放送された「きらびやかな私の人生」では、コ・サンア(チン・イェソル)が、ヒールの高い靴を履いて爪を華やかに飾った看護師パク・ヒョンヒ(ユハ)の頬を叩く場面が公開された。このシーンについて視聴者から非難が殺到した。

【PHOTO】シム・イヨン&チン・イェソルら、新ドラマ「きらびやかな私の人生」制作発表会に出席

シム・イヨン、新ドラマ「きらびやかな私の人生」初放送を控えて…台本認証ショットを公開