「吉祥寺と荻窪」に挟まれた「西荻窪」忍び寄る再開発の足音

写真拡大 (全3枚)

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、JR中央線(快速)、中央・総武線(各駅停車)「西荻窪」。

「昔ながら」が残る街に迫る、2つの問題

「西荻窪」は東京都杉並区に位置する、JR中央線(快速)、中央・総武線(各駅停車)の駅。1日の乗車数は4.5万人ほどです。

西荻窪という名前は、1922年に駅が開業したのが始まり。当時、駅の北側は井荻村、南側は高井戸町で、郊外の農村地帯でした。転機となったのは、1923年の関東大震災。ここで都心から武蔵野のほうへと人口が流れ、「西荻窪」一帯も都市化の波に飲み込まれるなか、区画整理と地名の変更がなされ、現在「西荻北」「西荻南」という町名ができました。ちなみに「西荻窪」という地名は、以前は1丁目〜3丁目まであったそうですが、1970年に廃止されています。

この街の発展を語るうえでかかせないのが、内田秀五郎。30歳で井荻村の村長となった人物で、「西荻窪」駅を誘致したのも、彼の尽力によるものといわれています。また太平洋戦争期に戦闘機のエンジンなどを製造していた「中島飛行機」を誘致し、街を大きく発展させた立役者です。現在、工場跡地は「杉並区立桃井原っぱ公園」になっています。

また「西荻窪」を語るときに使われるのが、「狭間」や「穴場」というキーワード。確かに人気や街のにぎわいといった部分では、両隣の「吉祥寺」や「荻窪」に劣ります。また杉並区の西端に位置し、徒歩で隣の武蔵野市という位置。このような微妙なポジションにあったためか、両隣の街が都市整備、都市再生などの名のもと街づくりがすすめられるなか、「西荻窪」はそんな開発から取り残された感があります。

駅前を見てみると、この規模の駅であればありそうな広々としたロータリーはなく、道も細く狭く、低層の建物が密集。商店街は個店が中心で、特にアンティークショップが多い街として知られています。さらに南口の飲み屋街「柳小路」はとびきりディープなスポットとして人気。闇市の雰囲気が残り、マニアなファンが集います。

そんな「西荻窪」がいま危機にさらされています。まずは道路の拡張問題。駅の北に走る青梅街道から駅へと伸びる「区道・補助132号線」の一部を、幅11メートルから16メートルへと広げる計画です。東日本大震災以降、各地で街の防災力向上が緊急課題になっていますが建物が密集する西荻窪一帯も、例外ではありません。

「街の個性が失われる」と計画を反対する住民と、「暮らしを守る観点でも道路の拡張は緊急課題」とする住民で、意見は割れているようです。

もう一つが、街の人気の高まりです。もともと、杉並区の中央線沿線は個性的な街が揃い、メディアでも度々取り上げられてきましたが、ここにきて、「西荻窪」の何ともいえない“狭間感”に焦点があたり、特に若い女性を中心に、アンティークショップ巡りなどを楽しむ来街者が増えているというのです。街のにぎわいは歓迎することですが、一方で街の個性が失われるのではないかと心配する声も聞かれます。

西荻窪の飲み屋街

「吉祥寺」も使える利便性の高さ…防災力はやはり不安

そんな、とうとう知られてしまった感のある「西荻窪」の単身者の住み心地を見ていきましょう。まずは駅周辺の家賃水準。駅から徒歩10分圏内の1Kの平均家賃は6.73万円、11分を超えると6.11万円(図表1)。同条件の東京都杉並区の家賃水準は、駅10分圏内で6.70万円、11分を超えると6.30万円。「西荻窪」駅周辺は、杉並区の平均と近い家賃水準のエリアです。

[図表1]「西荻窪」駅周辺の平均家賃 出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会調べ(7月2日時点)※単位は万円

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」によると、都内勤務の男性会社員の平均月給は、25〜29歳で27.5万円、30〜34歳で34.1万円です(図表2)。企業規模によって平均給与は異なりますが、そこから住民税や所得税などを差し引いた手取り額の1/3以内を適正家賃と考えると、都内勤務20代後半は6.9万円、都内勤務30代前半は8.5万円です。

[図表2]20代後半、30代前半の平均月給 出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」※10名以上の企業対象※数値は所定内給与額※単位は万円

「西荻窪」駅周辺は、20代会社員でも検討できる家賃水準です。大手ポータルサイトで検索すると、20代適正家賃内、駅チカの徒歩10分圏内に、多くの単身向け物件を見つけることができます。ただし築40年を超える物件が6割ほどを占め、築浅5年以内の物件となると5%に満たないほどです。築年数にこだわりがある人にとっては、競争率の高いエリアだといえそうです。

交通面はどうでしょうか。「西荻窪」から「新宿」は17分、「東京」31分(所要時間は、平日8時に「西荻窪」駅を出発した場合の目安)。朝ラッシュ時の中央線の混雑率はなかなかのものですが、お隣「荻窪」から東京メトロ丸ノ内線に乗り換えれば、始発電車で「新宿」や「東京」に向かうことも。当然、時間は余分にかかりますが、混雑を避ける一つの手です。

買い物環境はどうでしょうか。駅前に「西友」があるほか、住宅街の中にミニスーパーが点在。「西友」は24時間営業で時間を気にすることないのは、単身者にとっても嬉しい限り。大手ドラッグストア店も選択肢は多くはないものの、駅の北側にも南側にもあります。最寄り品の購入で困ることはなく、また買い回り品であれば徒歩や自転車でもアクセスできる「吉祥寺」で揃えることができるでしょう。

飲食店を見ていきましょう。ファストフードやファミレス、牛丼店、定食店はお馴染みのチェーンが揃っていて、外食がメインの単身者でも困ることはありません。またメディアでも取り上げられるカレー店とパン店が多い街でもあるので、お気に入りの店を見つけてみてはどうでしょうか。

程よい穴場感と狭間感で人気上昇中の「西荻窪」。人気の「吉祥寺」へのアクセスも容易で、利便性を享受できるのもポイントです。難をあげるとすれば、やはり街の防災力。道が細く狭い割に車通りが多く、ときにヒヤッとする場面も。平坦な道が多く、自転車があれば行動範囲が広がるだけに、気をつけたいところです。