プレゼントは何を貰ってもうれしいですが、恋人や親しい人からのプレゼントに内心ガッカリしてしまったことはありませんか? プレゼントは“相手のことを思って選ぶもの”なので、「この人私のことあんまり分かってくれていないんだな」と分かってしまうことは悲しいものです。
そこで今回は、男性が貰ってガッカリしたプレゼントをいくつかご紹介します!

趣味じゃない系統の服

「普段の私服を見ているはずなのに、全然系統の違う服をプレゼントされた時は反応に困りました。多分彼女が俺にしてほしいファッションなんだろうなって思うんですけど。俺はあまり好きじゃないのでどうしよう。彼女の前で一度くらいは着とかないとダメですよね」(29歳/アプリ関係/男性)

▽ あまり好きじゃない系統の服って着こなし方も分からないですし、何よりテンションが上がらないですよね。こんな服を着てほしい! と思った時は事前にリサーチをして、彼があまり乗り気ではない場合は無理強いしないようにしましょう。

ごつめのアクセサリー

「私服にも合わせづらいし当然仕事にもつけていけないし。いつつけるものなのか分からず引き出しにしまったままです。こういうものに限って結構高かったりするし、どうしようかなって今悩み中」(32歳/SE/男性)

▽ 男性のアクセサリー=ごついものだと思いがちですが、人によっては華奢なものが好きな人もいますし、選択ミスは避けたいところ。高いものなら彼に選んでもらったほうが失敗がなさそうです。

派手な柄のネクタイ

「無難な色や柄のネクタイを使うことが多いんですが、どこかのコラボネクタイをプレゼントされて、それが赤と黄色のストライプなんですよ。
ネクタイだけ浮いている感じで全然似合わないし、派手だから使えないっていう。使いどころが分からないプレゼントって素直に喜べないですよね」(30歳/法務関係/男性)

▽ ネクタイはつければいいってものではないですし、派手であれば更に使う機会がないですよね。特別感のあるネクタイをプレゼントしたい! という気持ちに引っ張られすぎると、つい派手なものを選びがち。あくまでも普段使いを目的としたものを選んであげましょう。

ペアのマグカップ

「彼女の部屋にある分にはいいんですけど、男の部屋にペアのマグカップ置いてあったら気持ち悪くないですか? 彼女が家にきた時に使えるのはいいんだけど、あまりにも可愛いデザインだったので……。もう少しシンプルなものだったら素直にうれしかったんですけどね」(31歳/不動産関係/男性)

▽ ペアのグラスはどうしても可愛いものに偏っているデザインが多いですし、自分も使うものとなると可愛らしいものを選びたくなりますよね。しかし、あくまでも彼へのプレゼントなので、彼が気に入るデザインのものをチョイスしたほうが喜ばれるかもしれません。

まとめ

プレゼントは“彼のことをどれくらい理解しているか”が試されるものでもあります。何をあげても喜んでくれるかもしれませんが、そこに甘えず彼が心から喜んでくれるものを選びたいですよね。