中古車情報サイト「グーネット」などを運営するプロトコーポレーションは2日、同社が提供する中古車販売会社向け経営支援システム「MOTOR GATE」において、グーネットに掲載する中古車画像を解析し、AIが登録に必要な車種情報を自動でデータ化する機能の提供を開始したことを発表した。

「MOTOR GATE AI」(同社資料より)

提供される「MOTOR GATE AI」により、今まで手動で行われたWebサイトへの在庫車両登録データ入力作業が自動化され、同社調査によると1日あたり約2時間かかっていた作業を大幅に圧縮、導入により約50%低減が可能という。

(公式Webサイト)
'>グーネット(公式Webサイト)

また、AIがグーネット掲載画像へのユーザーアクセスデータを解析し、人気の装備やパーツ等の情報を取得して、車種紹介コメントの自動生成及び推奨画像のレコメント表示を行うサービスも利用できる。同サービスにより高い広告効果と在庫回転率の向上が期待される。「Motor Gate」はグーネットのサービスを利用している中古車販売会社に中古車在庫登録及び商材購入支援などのサービスを提供する経営支援システムで国内約14,000社以上の企業に利用されている。