コロナを吹き飛ばすおめでたいニュース。俳優でミュージシャンの武田真治(47)が、「7月1日に結婚したことをご報告します」というコメントを発表した。ちょっととぼけた味のある武田は、「スッキリ」でも常連。賑やかな報道になった。

お相手は、武田が通っていた歯科医院で歯科衛生士をしている静まなみさん(25)で、モデルでもある。歳の差22歳。ムキムキの武田も歯は弱かったのか、それが縁結びになったらしい。すでに同居しており、結婚式などは未定で、妊娠はしていないそうだ。

すでに同居しているが、妊娠はしていないそうだ

武田さんは1987年、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを獲ったのがスタート。17歳だった。1999年の映画「御法度」(大島渚監督)では、新撰組の沖田総司役でブルーリボン助演男優賞を受賞するなど、俳優としても活躍。さらに、バラエティーの「めちゃイケ」では、レギュラーとして加藤浩次らと笑いを振りまいた。

加藤浩次「よかったなぁと思って。俳優でもサックス奏者としても一流だし、バラエティーで体張るとシリアスな演技できなくなるんだけど、できるし、珍しいタイプの俳優さんですよ」