2日に目撃が相次いだ「火球」専門家は千葉県に落下したと分析

ざっくり言うと

  • 関東各地で2日に目撃が相次いだ「火球」の正体が、徐々に分かってきた
  • 専門家によると、火球は宇宙に漂う岩石で、大きさは20cmから30cmだという
  • 地表まで到達していれば、千葉県内に落下したのではないかと分析している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x