シェ・シバタのオーナーシェフ柴田武氏。パティシエが本気で作った食パン、ぜひ食べてみたい!

写真拡大

東海エリアはもちろん、海外にも多数店舗を展開する「シェ・シバタ」の柴田武シェフがプロデュースする食パン「パティシエ ブレッド」(1斤691円)を、7月4日(土)13時〜1日限定でジェイアール名古屋タカシマヤにて販売される。

【写真】有名パティシエが手掛ける初の食パンは、ふんわりした甘さが特徴

柴田シェフとしてはパンを初プロデュースしたということで、試作をなんと56回も行い、ようやく納得の食パンが完成したとのこと!

「パティシエらしい食パンを目指して、幻のバターとも言われるフランス産A.O.P認定高級発酵バター「モンテギューバター」とバニラを贅沢に使用しました」と柴田シェフが語るとおり、蜂蜜やバニラ、最高級バターの香りが漂う、ほんのり甘いブリオッシュ生地と日本の食パン生地が融合された、ぜいたくなパンに仕上がっている。シェフおすすめの食べ方は「まずはそのまま、そしてトーストして味わってください。それぞれ違った味わいが楽しめますよ」とのこと。

7月4日(土)13時〜、ジェイアール名古屋タカシマヤ地下1階の洋菓子売場特設会場にて販売。当日は柴田武シェフも来場予定との事。300斤限定なので、ぜひこの機会にゲットしよう!