Net Applicationsから2020年6月のデスクトップブラウザのシェアが発表された。2020年6月はGoogle Chrome、Microsoft Edge、Firefoxがシェアを増やし、Internet ExplorerとSafariがシェアを減らした。2020年6月はGoogle Chromeがシェアを増やし、70%以上に到達した。

Google Chromeは、この2年間で緩やかながらも増加傾向を続けてきた。増加傾向を示してきたGoogle Chromeにとって見れば小さな変化だが、増加は依然として続いている。そして今回、Google Chromeはこの2年間で最も多い70.19%という70%超えを達成した。Google Chromeのシェアが低下する理由は見当たらず、今後もシェアが増加する可能性が高いと考えられる。

2020年6月ブラウザシェア/円グラフ - Net Applications

2020年6月バージョン別ブラウザシェア/円グラフ - Net Applications

2020年6月ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications

2020年6月バージョン別ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications