カナダガン(カナダガモ)は北米ではありふれた渡り鳥で、1度に産み育てるヒナの数は平均6羽くらいだそうです。

カナダのサウスサスカチュワン川で、47羽ものヒナ鳥を引き連れている姿が目撃されました。

 

This Goose Couple Is Taking Care Of 47 Adorable Baby Goslings


マイク・ディグアウトさんが5月21日に目撃した段階では、ヒナ鳥は16羽でした。それでも多いと思って注目したそうです。


ところが日を追うごとにヒナ鳥の数は、25羽、30羽と増え続け……。


6月後半には47羽の大所帯となったのです。


ヒナ鳥が増えた理由は不明ですが、大きさはほぼ一緒で同時期に産まれたと思われるため、大半は養子だと思われます。


体を寄せ合って眠る姿はかわいらしいのですが……。


集団が大きすぎる!


事情はともあれ、面倒見のよいスーパー両親のおかげで、みんなすくすくと元気に育ちました。

現在の大家族の様子。
[動画を見る]

【「行列長すぎ…」47羽のヒナを引き連れる渡り鳥がカナダで目撃される(動画)】を全て見る