ゾラニ・テテ【写真:Getty Images】

写真拡大

カシメロに完敗テテが主張「俺はリング誌から未だに高評価を受けている」

 昨年11月のボクシングWBO世界バンタム級王座統一戦で正規王者だったゾラニ・テテ(南アフリカ)は、暫定王者のジョンリエル・カシメロ(フィリピン)に敗れて王座陥落した。再起戦は未定だが、新型コロナウイルスの感染拡大がなければ、WBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)より上にいると語っている。母国の南アフリカメディア「Sowetanlive」が報じている。

 英国で行われた世界戦でカシメロに3回TKO負けし、ベルトを失ったテテ。米専門誌「ザ・リング」による階級ごとの格付けでは、バンタム級トップに井上が君臨する中、テテは6位と評価を保っている。

「正直、俺はリング誌から未だに高評価を受けていることに気がつかなかったよ。彼ら(リング誌の格付け評議会)は依然として俺のポテンシャルを見出しているのだろう。俺も再び世界チャンピオンになるために何をすべきかわかっている」

 世界戦最速11秒KOを記録したテテは、リング誌の格付け評価に手応えを感じている様子。井上の優勝で幕を閉じたWBSSバンタム級大会では、ノニト・ドネア(フィリピン)との準決勝直前に負傷し、戦うことなく姿を消した。

テテの自信とは「コロナがなければ世界戦ですでに勝利していた」

 新型コロナで中断状態だったボクシング界は無観客試合などで再開したばかり。再起戦を見据えるテテは興行が中断されていなければ、バンタム級No.1になっているはずだと豪語している。

「もしも新型コロナがなければ、俺は世界戦に向けた前哨戦ですでに勝っていただろうし、世界戦ですでに勝利していたという物語だっただろう。最終的にはリング誌の王座に君臨していただろう」

 リング誌の王座に君臨、すなわち井上より評価されているはずだと自負しているようだ。カシメロに完敗したため“強がり”にも見えるが、驚きの発言の裏にある自信は本物なのだろうか。(THE ANSWER編集部)