FC大阪 「大阪府新型コロナウイルス助け合い基金」

 

府内の医療従事者の支援に ライブ配信によるフレンドリーチャリティマッチ

 JFL所属のサッカークラブチームFC大阪は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が広がる中、自身への感染リスクへの不安を抱えながら昼夜を問わず業務を行う大阪府内の医療従事者を支援するためとして、2020年6月28日(日曜日)にフレンドリーチャリティーマッチをライブ配信にて行う。

 このライブ配信では、視聴用有料チケットを販売するとともに、特設サイトにてチャリティグッズの販売を行い、その収益金は全て「大阪府新型コロナウイルス助け合い基金」に寄附するという。

【フレンドリーチャリティーマッチについて】
開催日:2020年6月28日(日)

カード:FC大阪 vs レイジェンド滋賀FC

時 間:14:00キックオフ(45分×3本)
※リモートマッチ(無観客)で行われる。

【ライブ配信について】
配信日時:2020年6月28日(日)13時30分〜17時終了予定
視聴用有料チケット(1,000円)を購入後、ライブ配信実施ページから視聴可能。
 
※ライブ配信の視聴方法、チャリティグッズ販売などの詳細は、FC大阪ホームページへ。
 ・FC大阪(ホームページ)
 ・FC大阪(プレスリリース):FC大阪 フレンドリーチャリティーマッチ ライブ配信決定のお知らせ
 

 

一般社団法人FC大阪スポーツクラブ
 東大阪市をホームタウンとするプロサッカークラブ。2020年2月には「Jリーグ百年構想クラブ」の認定を受け、現在は「J3クラブライセンス」の取得、Jリーグへの昇格を目指して活動中。
 
 「大阪を世界へ」をクラブミッションに掲げ、「クラブの活動を通じ大阪を盛り上げよう」をコンセプトに、地域社会とのコミュニケーションを重要なテーマとし、地域力向上に向けて、さらには社会課題解決への取組みとして、SDGs(持続可能な開発目標)の目標達成に向け、スポーツ・サッカーを通じた積極的な取組みを進めている。

 また大阪府とは、平成30年2月に包括連携協定を締結。インターネットテレビを通じた情報発信や子どもの貧困対策などをはじめ様々な取組みに協力。
 
2020年6月23日には東大阪市立の小学校へアルコールハンドジェルを寄贈するなど、地域課題解決への様々な取組みを行う(FC大阪 選手会:東大阪市役所にて)

■各種リンク