Remote everything……高まるリモートワークのニーズに応えて、米Microsoftはこの夏、OneDriveに共有やコラボレーションの体験を向上させる機能追加や変更を行う。その内容を7月1日 (現地時間)に公式ブログで明らかにした。

規模の大小を問わず、あらゆる企業が直面するファイル探しの問題。共有されているはずのファイルが見つからないトラブルを解消できるように「Add to OneDrive (ファイルへのショートカットを追加する)」という新機能を提供する。他のユーザーがOneDrive、SharePoint、またはチーム内のフォルダを共有している場合、Add to OneDriveで共有フォルダをOneDriveに追加できる。共有コンテンツを1カ所で管理でき、セキュリティやコンプライアンス設定はそのままに、自身のファイルと同じように共有コンテンツを柔軟に利用できるようになる。Add to OneDriveは、7月にパブリックプレビューとしてビジネスユーザーへの提供を開始する。

Add to OneDrive (ファイルへのショートカットを追加する)

リモートワークで重要性が増すMicerosoft Teamsに、OneDriveやOffice、Outlookといった他のMicrosoft 365のアプリと同じファイル共有とアクセスコントロールを実装する。Teams内でファイルを共有する際に、全ての人、社内、すでにアクセス権を持つ人、プライベート・チャットまたはグループ・チャットというようにアクセス範囲を柔軟に設定しながら共有リンクを作成できる。

Microsoft 365の共有体験をMicrosoft Teamsに統合

Webアプリでアクセスまたは作業している場合、内部ユーザーの間ならば、ブラウザのアドレスバーからコピーしたURLを共有リンクとして使えるようになる。URLには全ての共有ポリシーが反映される。TeamsへのMicrosoft 365の共有機能の統合とアドレスバー共有は間もなく提供になる予定。

ワークフローの中で移動し続けていくファイル。その際に、ファイルのライフサイクルを通じて維持されるべきオリジナルアクセスなどが失われることもある。そうしたトラブルを避けられるように、OneDriveにおいて移動の際に共有が維持されるオプションを夏後半に用意する。

SharPointおよびOneDriveでアップロードできるファイルサイズの上限が、7月1日に15GBから100GBに引き上げられた。一般のOneDriveユーザーも利用できる変更だが、3DやCAD、高品質メディアといったファイルを扱うビジネスユーザーからの要望に応えた変更だ。

これらのほか、ファイル単位のコメント通知のオン/オフを年内に提供する。作業の進捗をフォローする必要のないファイルのコメント通知に邪魔されないように、ファイルごとのオフ設定で効果的に通知を利用できるようにする。