リアルドキュメントバラエティー『それって!?実際どうなの課』(CTV/NTV)の1日深夜の放送に、「日本一エロすぎるグラビアアイドル」森咲智美が出演した。


「蚊に刺されない方法はあるのか?ないのか?」という検証に登場した森咲。検証初日はチャンカワイが、さまざまな蚊に刺されないと噂の7つの食べ物を実際に試し、蚊を放った隔離された場所で10分間我慢して刺されなければOKという作業を繰り返していたが、いずれも惨敗。2日目になりスタッフから「チャンさんだけでは画が持たないんで」と告げられ、助っ人として呼ばれたのが、Instagramのフォロワー275万人を誇る、トップインフルエンサー森咲嬢。彼女の影響力を使って、国民に蚊に刺されない方法を知ってもらうのが任務だ。


チャンと森咲は血液型が同じO型で、チャンは男性、太っている、色黒。一方森咲は女性、痩せている、色白と対照的で検証には最適。まずはチャンが酢、森咲が強炭酸水を置いて蚊を放ってもらう。酢担当のチャンは結局5か所刺され効果なし。そしていよいよ森咲の番。チャンは「エロすぎるが仇になりますよ」と警告するが、自らを奮い立たせ実験ボックスへと入る。しかし5分経過してもまったく刺されない。蚊の二酸化炭素を検知する能力で炭酸水に集まるはずだが、それも一向に来る様子もない。


するといつの間にかチャンがボックスに近寄っているのを見つけた森咲が前屈みでポーズしたりおしりをふりふり。蚊ではなく人間を寄せ始めてしまう。「昭和のテレビがよみがえったのではないでしょうか!こんな嬉しいことはないです。貴重な胸は大丈夫でしょうか?」とメロメロのチャンに森咲が「ちょっと汗をかいてきましたー」とにっこり。「それはチェックさせてください!」と凝視したその時、「あああーー!」と叫ぶチャン。ついに刺されたのかと思いきや「谷間です!」と、刺したのはチャンの視線だった。結局無傷で生還した森咲。確認のためチャンが同じ条件で検証すると、1か所しか刺されなかった。これは二酸化炭素の濃度が高く、蚊が酩酊状態になっただからだそうだ。


深夜バラエティーの体を張った検証企画もこなすグラビアアイドル。ほかの番組でもぜひ観たいものだ。