東邦銀行(8346)、株主優待を変更!「定期預金の金利 優遇」「投資信託の手数料優遇」は廃止、2021年以降は 福島県の特産品などがもらえる「優待カタログ」のみに

写真拡大

 福島県を地盤とする株式会社東邦銀行が、株主優待を変更することを、2020年6月25日に発表した。

 東邦銀行は、毎年3月末時点の株主に株主優待を実施しており、従来の内容は「1000株以上を1年以上継続保有する株主を対象に、保有株数と継続保有期間に応じて、福島県の特産品などを選べる『優待カタログ(ふくしまからの贈り物)』を贈呈するほか、1000株以上を保有する株主に、定期預金の金利優遇や投資信託の手数料優遇を実施」というものだった。

 今回の発表によると、2021年7月以降は、定期預金の金利優遇と投資信託の手数料優遇を終了するとのこと(※2020年3月末に株主優待の権利を獲得している場合、2020年7月1日から2021年6月30日までは優遇を受けられる)。これにより、2021年3月末に権利が確定して、2021年7月に実施される株主優待からは、株主優待の内容が「優待カタログ」のみとなる。

 なお、「優待カタログ」の内容は以下のとおり(一つ選択)。
◆福島県 宿泊施設優待券
◆福島県 特産品
◆TSUBASAプロジェクト連携企画特産品(他県の特産品)
◆寄付(「日本赤十字社福島県支部」「福島県(ふるさとふくしま応援寄付金)」「ふくしまこども食堂ネットワーク」のいずれかを選択)

 また、新型コロナウイルスの影響を考慮し、「優待カタログ」で「TSUBASAプロジェクト連携企画特産品」以外を選択する場合には、申込期間を延長することも発表になった。従来の申込期間は「2020年7月1日〜2020年10月末まで」だったが、「2020年7月1日〜2021年3月末まで」に変更される。そして、宿泊施設の優待券の有効期間は、従来だと「2020年7月15日〜2021年1月14日まで」だったが、こちらも延長されて「2020年7月15日〜2021年5月14日まで」となった。

東邦銀行の株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
基準日 保有株式数 継続保有期間 株主優待内容
3月末 1000株以上
5000株未満
1年未満 ◆定期預金金利上乗せ(+0.1%)
◆投資信託申込手数料無料
1年以上
5年未満
◆優待カタログ3000円相当
◆定期預金金利上乗せ(+0.1%)
◆投資信託申込手数料無料
5年以上 ◆優待カタログ5000円相当
◆定期預金金利上乗せ(+0.1%)
◆投資信託申込手数料無料
5000株以上
1万株未満
1年未満 ◆定期預金金利上乗せ(+0.1%)
◆投資信託申込手数料無料
1年以上
5年未満
◆優待カタログ5000円相当
◆定期預金金利上乗せ(+0.1%)
◆投資信託申込手数料無料
5年以上 ◆優待カタログ8000円相当
◆定期預金金利上乗せ(+0.1%)
◆投資信託申込手数料無料
1万株以上 1年未満 ◆定期預金金利上乗せ(+0.1%)
◆投資信託申込手数料無料
1年以上
5年未満
◆優待カタログ8000円相当
◆定期預金金利上乗せ(+0.1%)
◆投資信託申込手数料無料
5年以上 ◆優待カタログ1万円相当
◆定期預金金利上乗せ(+0.1%)
◆投資信託申込手数料無料
(変更後)
基準日 保有株式数 継続保有期間 株主優待内容
3月末 1000株以上
5000株未満
1年以上
5年未満
優待カタログ3000円相当
5年以上 優待カタログ5000円相当
5000株以上
1万株未満
1年以上
5年未満
優待カタログ5000円相当
5年以上 優待カタログ8000円相当
1万株以上 1年以上
5年未満
優待カタログ8000円相当
5年以上 優待カタログ1万円相当
備考 ※継続保有期間の算出は、毎年3月31日および9月30日現在の株主名簿に、同一株主番号で
 連続して「1年以上は3回以上」「5年以上は11回以上」記録された株主とする。

東邦銀行の株主優待の利回りは?

 東邦銀行の2020年7月1日時点の株価(終値)は223円なので、変更後の株主優待利回りを計算すると、以下のようになる。

(1000株・1年以上保有の場合)
投資金額:1000株×223円=22万3000円
優待品:優待カタログ3000円相当
優待利回り=3000円÷22万3000円×100=1.34%

(1000株・5年以上保有の場合)
投資金額:1000株×223円=22万3000円
優待品:優待カタログ5000円相当
優待利回り=5000円÷22万3000円×100=2.24%

(5000株・1年以上保有の場合)
投資金額:5000株×223円=111万5000円
優待品:優待カタログ5000円相当
優待利回り=5000円÷111万5000円×100=0.44%

(5000株・5年以上保有の場合)
投資金額:5000株×223円=111万5000円
優待品:優待カタログ8000円相当
優待利回り=8000円÷111万5000円×100=0.71%

 東邦銀行の株主優待は「優待カタログ」のほか、定期預金の金利優遇、投資信託の申込手数料無料サービスも受けられたが、2021年からは「優待カタログ」のみになる。カタログを受け取るためには1000株以上を1年以上保有しなければならないので、ややハードルは高い。とはいえ、東邦銀行は配当利回りが2.69%あるため、1000株を1年以上〜5年未満保有した場合、配当+株主優待の合計利回りは4.03%に達する。福島県の特産品などに興味があるなら、検討してもいいだろう。
【※関連記事はこちら!】
⇒株主優待名人・桐谷さんがサラリーマンにおすすめの投資法を伝授! 二度の大損を経験して悟った鉄則は「配当+優待利回り4%以上」の優待株を狙うこと!

 東邦銀行は福島県を地盤とする地方銀行。5月13日に発表している2021年3月期(通期)の連結業績予想は、経常収益が580億円(前期比8.6%減)、経常利益が75億円(前期比71.4%増)、当期純利益が50億円(前期比83.3%増)。

■東邦銀行
業種コード市場権利確定月
銀行業8346東証1部3月末
株価(終値)必要株数最低投資金額配当利回り
223円1000株22万3000円2.69%
【東邦銀行の最新の株価・株主優待の詳細はこちら!】
※株価などのデータは2020年7月1日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。