生活習慣病に関係する活性酸素の「余計な世話焼き」について

写真拡大 (全2枚)

ミトコンドリアは細胞内の発電所

生活習慣病に関係する活性酸素

 代表的な生活習慣病は「がん」「循環器疾患」「糖尿病」「慢性閉塞性肺障害」です。

生活習慣病に関係する物質に『活性酸素』があります。

私はこの名称を初めて知った時、「活発に役割を果たしてくれる、からだに良い特別な酸素」という印象を受けました。

日常的に体内で作られているのですが、空気中にある酸素よりも反応性が強い。余分に作られるとお節介を焼き始める、厄介な化合物なのです。

・今すぐ読みたい→
100歳超えのご長寿さんが食べているものは?ズバリ、健康で長生きできる食事法はコレだった! https://cocokara-next.com/food_and_diet/healthy-and-long-lived-medical-diet/


生命を維持するためにはエネルギーが必要です。

からだの中のブドウ糖(グルコース)や乳酸などが変化していく過程でエネルギーが生れます。

それら一連の機能を新陳代謝(略して代謝)といいます。

代謝は色々なからだの機能を使って進みますが、その中で「クエン酸(TCA)回路」とか「電子伝達系」の過程もあります。この生体のしくみはみなさんも高校時代に生物の授業で習ったと思います。確かこれらの生体反応が起こる場所って、細胞の中にある『ミトコンドリア』でしたね。

「活性酸素」はミトコンドリアの活動で必ず産生されるのですが、機能が十分に発揮しなくなると、逆にたくさん作られて過ぎてしまい、いたずらを始めるらしい。

物が燃える時、不完全燃焼して一酸化炭素が発生してしまう反応に似ています。ミトコンドリアも中途半端な活動によって「活性酸素」を多く放出して、からだに悪影響を与えてしまうのです。活発に他の物質と結び付く性質(お節介な性格)で、生活習慣病の悪化につながるのです。

もともと元気なミトコンドリアでも、場合によってはからだに悪く働いてしまうことがあるのです。

以前ジョギングのし過ぎ(?)で寝付きが悪くなって、自律神経の副交感神経を刺激する呼吸法を実践したことをお知らせしました。

もしかすると、その時ジョギングの頑張り過ぎで蓄積された疲労は、活性酸素がたくさん作られてしまったからだったのかも知れません。活性酸素は疲れの元凶で、自律神経の疲労の引き金でもあるのです。(※)

酸素は水素と結合して水になります。2H₂ + O₂ = 2H₂O 。これも中学校理科の授業で教わった化学反応式ですね。水素はこの活性酸素と結び付いて(捕まえて)、余計に世話を焼かないように防いでくれることに期待できるのです。

それとミトコンドリアそのものを元気づけて、不完全燃焼(?)を防いでくれる放射線もあるそうです。

【参考】久保 伸夫著 Dr.久保の水素ガス吸引のススメホルミシス臨床研究会編 健康&美容の最新療法 ホルミシスの力(※)Tarzan No.660

[文:健康わくわくサイト 人生100年時代に役立つトレヴィアをお届けします]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
100歳超えのご長寿さんが食べているものは?ズバリ、健康で長生きできる食事法はコレだった! https://cocokara-next.com/food_and_diet/healthy-and-long-lived-medical-diet/

株式会社SOily 代表取締役 岡本 頼幸

幼少時代から生命の不思議に取り付かれてきました。
生体の分化発生の不思議を研究 〜 免疫検査を通しての患者様への想い 〜 医療・健康機器のユーザー様から頂いた奉仕の心・・・。
これらのことから医療・健康の大切さを、長年にわたって実感して参りました。
今、予防医療というポピュレーションストラテジーが重要になっています。
更に「競技スポーツ」に「健康スポーツ」という親しみ易い概念も取り入れようとしています。
みなさまが人生の目的を達成するために大切な、「健康」についてのトレヴィアをお届けしたいと思っています。
みなさまの目となり耳となりそして足となって得た豆知識を、私の経験を交えてできるだけ分かり易くお伝えできれば幸いです。